JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

70才の父が背骨の狭窄症のため椎弓切除の手術で入院しました。術後、6日後に足を動かす運動した夜に足に激痛が走りその夜

解決済みの質問:

70才の父が背骨の狭窄症のため椎弓切除の手術で入院しました。術後、6日後に足を動かす運動した夜に足に激痛が走りその夜眠れなかったそうです。その3日後にレントゲンを撮り石灰沈着性膝関節炎と診断されました。先生からは「手術をしたので、感染症になるから注射はできません。薬を一つ追加しておきます。」と言われたそうです。整形外科に入院しているので安心していますが、痛みは何日ぐらいで治まるのでしょうか。気をつけることなどがありましたら教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

石灰沈着性膝関節炎という病気は、私の知る限り存在しません。
恐らく偽痛風性膝関節炎のことを指すのであろうと推察します。手術療法などに伴う身体的ストレスで発作が誘発されやすい疾患ですので、お父様の場合もそれに当てはまると思います。

【偽痛風性膝関節炎】
http://www.jcoa.gr.jp/health/clinic/knee/kpg.pdf
http://koshiitai.com/hizaitai/byouki_tsuufuu4.html

追加されたお薬は恐らく一般的な消炎鎮痛剤であろうと推察しますが、本来は関節腔内へのステロイドの注射が著効する疾患です。それが出来ないという判断であれば、痛みは長引く可能性が大です。
個人差がありますので、何日と申し上げられる性質のものではありません。
痛風とは異なり、食生活によって引き起こされる関節炎でもありませんので、患者様の自助努力で改善されることはありません。手術のストレスが発症の誘因であったのであれば、その回復に伴って膝の痛みも改善していく可能性が高いでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問