JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14139
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

中央区・南18西7に居住する上榁(かみむろ)と申します。  一昨年、山鼻整形外科で腰部脊柱管狭窄症と診断されて、飲

解決済みの質問:

中央区・南18西7に居住する上榁(かみむろ)と申します。
 一昨年、山鼻整形外科で腰部脊柱管狭窄症と診断されて、飲み薬とリハビリ治療 を受けています。更に藁にも縋る思いで、9月から近所の整骨院(マッサージ)に通って治療を受けています。
 苦痛を感じるほどの腰痛はないものの、足腰の不安定さを強く感じ、歩行時に腰の怠さが増したり、室内で方向転換しようとする際ふらついたりする症状があり、あまり好転する気配が感じられません。
 先日の北海道新聞紙上で、東札幌の「十善クリニック」の院長さんが、「神経ブロック」という療法による治癒率が高い旨述べておられますが、それは信じて良い情報なのでしょうか?教えて下さい。
 また、札幌市内の腰部脊柱管狭窄症治療の名医と言われる医師が居られましたら、ご紹介下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

厳密な引用なのかわかりかねますが、「『神経ブロック』という療法による治癒率が高い」という記述は正しいとは言えません。神経ブロックは脊柱管狭窄症の対症療法であって、それによって狭窄症が「治癒」するわけではありません。

既に説明を受けられているかもしれませんが、脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊椎管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症と複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
いずれの疾患も加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治る(治癒する)ことはありません。

リリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法や神経ブロック注射といった対症療法が行われますが、次第に進行し、最終的には手術が必要になります。

神経ブロックは痛みや痺れに対する対症療法ですから、ご記載を拝読する限り、相談者様の症状に対応した治療とは言えないでしょう。
ふらつきも出ているようですから、手術を選択されるべき時期かもしれません(症状が悪化することがございますので、お気持ちはわかりますが、整骨院でのマッサージは控えられた方がいいかもしれません)。

「札幌市内の腰部脊柱管狭窄症治療の名医と言われる医師が居られましたら、ご紹介下さい」とのことですが、JustAnswerは病院紹介サイトではありません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。
そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があります(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めてこれまでにも何回か起きています)。
このため、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
これに関してはご了承いただけますと幸いです。

ただし、腰部脊柱管狭窄症ということならば、下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療・治療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。


追伸 ところで、最初から最後まで、ご自宅住所や、複数の医療機関の固有名詞が頻出しますが、問題はございませんでしょうか?
JustAnswerは公開サイトであって、このスレッド内でのやりとりは全て第三者が閲覧することが可能です。よって、JustAnswerでは個人情報の公開を推奨していません。

JustAnswerサイト利用規約の5をご参照ください。

5.投稿文は非公開でも機密扱いでもありません
投稿文をアップロードする場合、ユーザーの質問、回答、情報に対するリクエスト、返答、プロフィール、署名、資格、コメント、専門家フォーラム内の投稿文や本サイト上においてユーザーが情報交換をする場所、その他の投稿文は公開され、 非公開でも機密扱いでもない点にご留意ください。また、弁護士・依頼者間の秘匿特権の対象外となります。投稿文は第三者が目を通したり、収集したり、使用することがあります。 プライバシーを守るには、本名とは関係のないユーザー名を使用し、ユーザーの身元や連絡先を特定できるような情報は投稿文には記載しないようにしてください。
http://ww2.justanswer.jp/ja/terms-service-0#posts
質問者: 返答済み 4 年 前.

今晩は。


大変懇切丁寧なご回答をいただき、有り難うございます。


「神経ブロック療法」も対症療法の一つであり、絶対的なものではないということが良く判りました。


また、私の症状の場合、整骨院のマッサージは控えては?とのこと、予てより心中疑問(あまり効果を感じないなど)に思いつつ暫く通って様子をみようと考えておりましたが、今週末で治療をお断りしようと思います。


 なお、下記の件については、躊躇いがなかった訳ではありませんが、就寝前の深夜午前1時過ぎふと思い付いて整形外科関連の「北海道の医師」というサイトを検索中、突然こちらのサイトにリンクした為、質問欄の近くにそのような記載があることに気付きませんでした。今後は気をつけたいと思います。ご忠告有り難うございました。


 最後に一つだけ質問させていただきます。


 もし手術した際のリスクはどの程度の大きさ(治癒率や治療期間など)のものなのでしょうか?よろしくお願いします。 上榁 拝


 


>追伸 ところで、最初から最後まで、ご自宅住所や、複数の医療機関の固有>名詞が頻出しますが、問題はございませんでしょうか?
>JustAnswerは公開サイトであって、このスレッド内でのやりとりは全て第


>三者が閲覧することが可能です。よって、JustAnswerでは個人情報の公>開を推奨していません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

腰部脊柱管狭窄症の手術のリスクや治癒率、治療・入院期間は、原疾患の種類や(前述しましたように、脊柱管狭窄症は1つの病気ではありません)進行度、術式によって大きく変わってまいります。

一般論としましては、手術そのもののリスク(合併症)で脊柱管狭窄症に特有のものとしては、手術操作による神経損傷です。脊柱管による神経の圧迫を除去するのが手術の目的ですが、その過程で神経を傷つけてしまうことがあり、運動障害や感覚障害が残ることがあります(ただしこの神経損傷の発生率は1%未満です)。

治癒を、症状が完全に消失することと定義するならば、治癒率は高くはないでしょう。患者様ごとの個人差が大きいためにそのような統計は私が知る限りとられていませんが、私の印象としては、腰痛、下肢の痛み・しびれがある程度は残る患者様の方が多数派です。
原病が進行性の疾患の場合は、数年以内に狭窄が再発する場合もあります。

手術を行わないことのリスクは、症状が進行することと、進行してからいざ手術をしても、上述のような症状の残存率が上昇してしまうことです。

最近は手術技術が向上して低侵襲手術が普及していますから、手術に伴う入院期間は(上述のように個人差がありますが)1ヶ月程度で済むことが大半です。内視鏡手術の適応であった場合は入院期間は1週間程度である場合もあります。
退院後のリハビリテーションは3~6ヶ月継続する場合が多いように思われます。

以上、すべて一般論ですので、あくまで目安にしていただいた上で、専門医を受診されて相談者様の状態評価を行ってもらい、リスクその他についての説明を受けられることをお勧めいたします。

※個人情報の開示をご希望されない場合は、ユーザーサポートデスク(info@justanswer.jp)に「非公開措置」を希望すれば対処してもらうことができます。ご参考まで。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14139
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/AA/aasgaw/2016-11-29_185127_.64x64.jpg Dr.なかむら さんのアバター

    Dr.なかむら

    整形外科医

    満足した利用者:

    15
    国立大学病院勤務経験あり
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    104
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2779
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    309
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
 
 
 

整形外科 についての関連する質問