JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

去年9月椎間板ヘルニアと診断され、足の痺れと、痛みで立つことも歩くことも出来なくなり、救急車で、某、病院に運ばれ、M

解決済みの質問:

去年9月椎間板ヘルニアと診断され、足の痺れと、痛みで立つことも歩くことも出来なくなり、救急車で、某、病院に運ばれ、MRIの結果、4番と5番が押しつぶされて、それが神経を刺激していると言う事で9月29日に手術致しました。退院してからは、足の痺れは取れましたが、腰痛は常にありました。3月25日で診療は打ち切りと言われ、腰の痛みは折り合いをつけるしかないと言われ、そのうち、両足の外側が、よく攣るようになり、その激痛に悩まされ、執刀した医師にお話したところ 、ツムラの「芍薬甘草湯」という薬を頂き、(この薬は、以前、他の病院で貰って飲んだことがあり効きませんでした。)と言った所、では1日、2回飲むようにと、それでも効かなければ、弛緩薬もあると言われ、仕方なく1日一服、飲み始め、23日ぐらい飲んだ頃、両足の外側のビビリが「あれ?今日は1レベル、下がったかな?」と感じましたが、歩くと、くるぶしの周りは相変わらず痛くなり、歩くのがやっとの状態です。お医者様はヘルニアとの関係はないとのことですが、私、本人と致しましては、この違和感は、腰から来ていると感じます。この原因を知りたいのです。お願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい

「MRIの結果、4番と5番が押しつぶされて、それが神経を刺激している」というのは、4番と5番の腰椎(腰骨)が潰れていたということでしょうか? それとも、4番・5番腰椎の上下の椎間板が潰れていたということでしょうか。

どのような手術を受けられたのですか?

手術はどのような規模の病院で受けられたのでしょう? 執刀医は脊椎・脊髄専門医ですか?

「お医者様はヘルニアとの関係はない」と仰ってるとのことですがでは何が原因だと説明されていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.


手術は内視鏡手術でした。執刀医は脊髄か脊椎専門家かは分かりません。通称、整形外科医と伺って居ります。又、原因をお聞きしたところ、先生、いわく、原因は判らないとの事です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

結論から申し上げますと、相談者様の「両足外側の激痛」「くるぶしの周りの痛み」は、腰椎の椎間板ヘルニアの影響によるものである可能性が高いと考えます。

脊髄から、腰椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、足の痺れや痛みが現れることがありますが、圧迫されていた程度が強かったり、期間が長くなると、手術で圧迫を取り除いても痺れや痛みが残ります。これはしばしば難治性で、完全には治らないことが大半です。

現在も神経根に圧迫があるのか、それとも現在の症状がかつての圧迫の後遺症であるのかを知るためには、仰る通り、現時点の腰椎のMRI検査を行う必要があります。
「両足外側の激痛」「くるぶしの周りの痛み」ということですから、予想されるのは第5腰髄神経(L5)から第1仙髄神経根(S1)までの障害で、これは、相談者様が患われてた腰椎4・5番の椎間板ヘルニアに関係した症状として矛盾しません。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/awco/derm-lx-col-2_R.jpg

骨の中を神経が通る脊椎は、整形外科の中でお専門背が高い分野で、専門医でなければ手術を行うにあたっての十分な技量を有していなかったり、術後の後遺症や合併症に対応できないことが少なくありません。
相談者様の症状は、椎間板ヘルニアの症状もしくはその後遺症としいて典型的なものですから、「原因は判らない」と仰るその執刀医は脊椎脊髄専門医ではない可能性が高いと思われます。
改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
もし仮に、執刀医が以下のリストに名を連ねていた場合でも、他の専門医のセカンドオピニオンを受ける価値は十分にあると考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.


自分の疑問に対しての納得のいった回答でありましたが、それと同時に、執刀医に対する対応の誠意のなさが、面談をした時に感じた事を改めてはっきりと致しました。今は、他の病院で診て貰おうと思っても、紹介状がないと診て貰えません。それが案外に厄介な事です。其の為、紹介状を書いて貰う為に、執刀医に、お会いしなければならないのは苦痛です。なにせ、そのお医者様は、そこの病院では、腕利きの有名な方だそうですから。脊椎、脊髄専門の病院を尋ねて、新たに診て頂きたいと思います。回答有難う御座いました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


有料と¥4,047と最初に了解しておりますが、ボーナスのお支払いは聞いて居りません。誠に申し訳ありませんが、ボーナスはお支払い致しません。¥4047.-の請求の手続きを行ってください。有難う御座いました。

整形外科 についての関連する質問