JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左大腿部にひどい痺れと痛みがあります。椎間板ヘルニアかと重いMRI検査をしましたが、それほどひどい状態ではないようで

解決済みの質問:

左大腿部にひどい痺れと痛みがあります。椎間板ヘルニアかと重いMRI検査をしましたが、それほどひどい状態ではないようです。以前は、神経ブロック注射で若干しびれと痛みは治まっていましたが、今、注射を打っても収まりません。原因はなんでしょうか、ご返答よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

症状を、初めに初めに自覚されたのはいつですか?

MRI検査を受けられたのはいつですか?

椎間板ヘルニアは、腰椎の何番と何番の間のヘルニアでしょうか。

受診されたのは、脊椎・脊髄専門の整形外科医ですか?

診察も出来ず、MRIを含めた検査所見も拝見できないわれわれには診断を下すことはできず、可能性を指摘することができるだけです。「原因はなんでしょうか」とのことですが、実際に相談者様を診察している主治医は何と仰っていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※これから移動しますので、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


MRIは2週間前です。症状は、4年ほど前から続き、最近、しびれと痛みが硬膜外ブロック注射をしても取れません。以前から月に一度ブロック注射をしていましたが、そのときはしびれも痛みもひどくありませんでした。椎間板ヘルニアは3-4番と思います。


整形外科の専門医です。


主治医は小さなヘルニアがあると言っています。が別病院では、1年ほど前、ヘルニアはないと言われました。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

お待たせしました。

「左大腿部にひどい痺れと痛み」という症状は、脊髄から腰椎の間を通って下肢へと伸びる神経の根(神経根)の中でも、第3腰髄神経の圧迫によって起こりますので、「椎間板ヘルニアは3-4番」という所見と合致します。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/awco/derm-lx-col-2_R.jpg

従いまして、相談者様の腰椎3~4番周辺に神経根を圧迫する何かが起きていることは確かでしょう。
私はやはりそれは椎間板ヘルニアである可能性が高いと考えます。MRI検査の結果、その診断が付いていることがその主な理由です。「小さなヘルニア」とのことですが、「髄核の脱出の程度と症状の強さは、必ずしも比例しません。ヘルニアの程度は軽いのに、症状が強いこともあれば、その逆のこともあります」(http://kotobank.jp/word/椎間板ヘルニア より引用)。

小さな、しかし強い症状をもたらす椎間板ヘルニアが次第に進行し、硬膜外ブロックでは症状をコントロールできなくなってきているのだと思われます。
保存的治療(非手術治療)を続けるのであれば、ブロック注射の方法を神経根ブロックに変更することがまず考えられますが、これは一般の整形外科医には難しく、脊椎・脊髄専門医や麻酔科医による処置を有します。
また、神経の再生を促すビタミンB12製剤や神経因性疼痛の治療薬であるリリカや、慢性疼痛に効果があることが知られているいくつかの抗うつ薬(サインバルタ、トリプタノールなど)の投与も有用ですが、これらの治療となるとペインクリニック受診が必要になるでしょう。

保存的治療で効果が得られなければ、手術が必要になります。
現在はヘルニアの手術も、侵襲が少ないレーザー手術や内視鏡手術が行われるようになってきています。
ただし、こうした高度な治療は一般の整形外科では行われていません。
脊椎は整形外科領域でも専門性が高い分野ですから、脊椎・脊髄専門医(整形外科専門医よりもさらに専門性が高い資格です)を受診されることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。


追伸 以下の資料はご参考になるかもしれません。
http://www.bookhousehd.com/pdffile/msm139.pdf

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問