JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右膝の内側軟骨が減ってきているから痛みがあると言われたのですが、椅子から立ち上がる時や歩いている時などに膝後ろの筋な

解決済みの質問:

右膝の内側軟骨が減ってきているから痛みがあると言われたのですが、椅子から立ち上がる時や歩いている時などに膝後ろの筋なのか筋肉なのか、とにかく後ろがとても痛くて腫れて突っ張った感じで痛くてたまりません。仕事で歩いたり階段の上り下りが辛く、今日は小走りにした途端膝後ろに 激痛がはしり、ちゃんと歩けなくなってしまいました。今かかっている病院では、痛み止めと貼り薬と体重を減らすのに漢方を処方されています。又、別の内科で糖尿病治療薬と高血圧治療薬を処方してもらっています。血圧はもう何か月も110~120と70~85以下が続きいい状態を保っています。血糖値も徐々に下がり始めていて食事に気をつけて生活しているのですが両足に下肢静脈瘤もある為、右足がピリピリし、今日痛めてからは右足全体や右腰の辺りまで少し痛む気がしています。別の整形外科にかかろうか迷っています。これからどんな検査をしてどのような治療になりそうなのかを教えて頂きたいです。また病院を変えてみる事についてもご意見を聞かせて頂けると助かりますので、よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。

日本人は民族的にO脚ですので、加齢とともに膝の内側の半月板と軟骨がすり減りやすい傾向があります。
これが進むと変形性膝関節症という診断が付くようになりますが、この場合、あくまで痛いのは膝に限局されます。「右足全体や右腰の辺り」が痛むことはありません。

高血圧や糖尿病による動脈硬化とそれによる血行障害の可能性は無いという前提で回答するならば、ご記載を拝読する限り、相談者様がお困りになられている右の腰から右脚裏の疼痛は坐骨神経痛によるものである可能性が高いように思われます。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。
http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg

最も多い原因は腰椎のヘルニアや脊柱管狭窄症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群です。
階段の上り下りや小走りになった際に疼痛が強まるのは、腰椎にかかる圧が運動による高まるからであると思われます。

レントゲンには骨しか写りませんので、仮に現在の整形外科主治医が腰に目を向けたとしても、原因疾患を特定することは出来ないでしょう。
腰椎を含めた脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い分野ですので、設備が整った病院で専門医の診療を受けられることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問