JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一年前にプ-ルのアクアビクスの後自分で左足(水の中で強くけり)整形外科受診半月板及び前十字損傷。この頃左足、左股

解決済みの質問:

一年前にプ-ルのアクアビクスの後自分で左足(水の中で強くけり)整形外科受診半月板及び前十字損傷。この頃左足、左股関節が薬を飲む程ではないのですが、痛みあり体重
65kg,身長154cm,年齢71歳、女子。体重を落とすようウオ-キング1時間、ジムに行って
ストレッチ、ヨガをしていますがこのまま、運動を続行してもいいのか、不安です。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

左膝の状態いかんでは、運動は控えられて、手術を検討された方がよい場合もございます。

少し補足情報を下さい。

平素、左膝には痛みは無いのでしょうか? 膝崩れ(膝関節がずれることです)はありませんか? ストレッチやヨガをされているときはいかがでしょう?

損傷している半月板は内側の半月板ですか?

前後関係ですが、左足・左股関節の痛み⇒それを軽減するために減量を指示され⇒その一環としてのアクアビクスで左膝の半月板及び前十字損傷を受傷、という理解でよろしいでしょうか。

 

「左足・左股関節の痛み」についてはどのような診断が付けられていますか? この痛みは現在もあるのでしょうか。

半月板及び前十字損傷に対してはどのような治療を受けられてきましたか? 治療方針について、主治医からはどのように説明を受けられているでしょう。

半月板及び前十字損傷に対して、リハビリテーション、理学療法は受けられていないのでしょうか。

「運動を続行してもいいのか、不安」ということは主治医に伝えられていますか? 伝えられている場合、主治医からはどのような指示を受けられているでしょう。

主治医は、どのような規模の病院に勤められている整形外科医なのでしょう? 膝関節傷害に対する専門性は高いでしょうか? 例えば、主治医はスポーツ専門医ですか? その整形外科では膝の内視鏡手術を行う設備がありますか?

 

持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速ありがとうございます。ヨガやストレッチをしている時正座していても痛みはなく、終 った後は一日中痛みががあります。股関節はここ1か月ぐらい前からなので、受診してません。8月ぐらいまでは、左足の膝もあまり痛みがなかったので診察に行ってません。半月板は、内、外側か忘れています、すいません。減量は5月に人間ドックに行ったさい脂肪肝、メタボの理由です。個人病院の整形外科です。理学療養士、マシンなどありますが先生からは半月板,前十字損傷については、塗り薬、シップを出されています。運動については、痛いときは、無理して運動しないよう言われていまいた。プ-ルはいいと言われましたが、今は痔のため冷さない方がいいと言われたのでいかれません。運動しないと足の筋肉が落ちる気がして…。ある本で膝の痛いのは、歩いて治そうとゆうのを購入したので、自分に都合いいように解釈してしまいました。個人の医院なのでスポ-ツ専門医ではありません。内視鏡手術を行う設備は、ありません。MRIを取った時は紹介病院で、とりました。今飲んでる薬は、


逆流性食道炎、高脂血症、肥満のためにクリニックで出して貰った漢方薬


防已黄耆湯,防風通聖散料です。整形外科からの飲み薬はありません。よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「運動しないと足の筋肉が落ちる」ことは事実で、膝周りの筋肉が衰えると膝関節が不安定になり、半月板やその下の軟骨にかかる負担が増していきます。

前十字靭帯・半月板が損傷している状態で膝関節が不安定になっていけば、損傷がさらに深刻化していきますので、悪循環に陥ってしまいます。

まずは前十字靭帯・半月板損傷の程度を評価し、手術を含めた治療選択肢が探られるべきです。
手術をするのならば近年は関節鏡(内視鏡)手術が主流ですし(1週間以内に退院ができます)、手術をしない保存的治療を行うのであれば、理学療法士のもとで適切な筋力増強・膝関節安定化の方法について指導を受けられる必要がございます。

結論としてましては、現在通われている整形外科では、相談者様にとって最適の治療を受けることができず、近い将来、膝関節の痛みのために歩行にも支障をきたす可能性が大です。
スポーツ整形外科の専門医療機関を受診されることをお勧めいたします。

各種トラブル回避のため、JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介はしておりません。
ただし、スポーツ外傷であれば、日本整形外科学会のサイトから、学会認定のスポーツ整形専門医が検索可能です。

【日本整形外科学会認定スポーツ医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問