JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨夜の23時頃より左手に強い痺れが出た。 その後、就寝。 通常どおり、眠れた。 朝は少し頭痛があり、10時頃ま

質問者の質問

昨夜の23時頃より左手に強い痺れが出た。
その後、就寝。
通常どおり、眠れた。
朝は少し頭痛があり、10時頃まで寝ていた。
食欲はあり。
15時頃より、左手及び左足に痺れを感じている。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に診察ができないインターネット相談では保守的な回答にならざるとえない側面はありますが、脳神経外科を救急受診された方がよろしいかと存じます。

お歳も若いですから可能性は低いですが、脳血管障害(とくに脳梗塞)の可能性を否定できません。
脳梗塞の場合は、発症から治療開始までの時間が短ければ短いほど予後が良好です。
痺れ(感覚障害)が残存したり、運動障害が続発するリスクがあることを考えるならば、「念のため」であっても受診される意義はあると考えます。

整形外科 についての関連する質問