JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右肩に違和感痺れを二ヶ月半感じてます 4月位から、お酒が多くなり、お酒を飲まない日は 月に4日位、量は少ない日で

質問者の質問

右肩に違和感痺れを二ヶ月半感じてます
4月位から、お酒が多くなり、お酒を飲まない日は
月に4日位、量は少ない日で350ccの缶ビール
一本と焼酎ロックで一杯
多い日は6〜7杯位飲んでました。
週に5日は1時間のウォーキングしてました
今日、内臓からくる?と感じました。大石
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

仰る通り、内臓の痛みが、体表の痛みとして完治される現象は広く知られており、「放散痛」「関連痛」と呼ばれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/放散痛

相談者様の場合、飲酒を軸として考える必要がありますから、ダメージを受けうる臓器は、肝臓、胆のう、膵臓(いわゆる肝・胆・膵)と食道です。

一般に、肝臓の疾患で右肩、胆のうの疾患で右肩・右背部、膵臓の疾患で左肩・左背部、食道疾患で喉もと・背中に放散痛が起こりうるとされています。

実際には内臓疾患で必ず放散痛が起こるわけではありませんし、検査をしてみなければ何とも申せませんが、右肩の痛みは、相談者様が、恐らくは飲酒によって、肝臓から胆のうにかけてダメージを受けていることを示唆する所見である可能性はあります。

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問