JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

中学生の子供(男)のことですが、陸上部の練習中に疲労から膝ががくがくしてそのまま膝をついて転倒しました(転倒時『バキ

解決済みの質問:

中学生の子供(男)のことですが、陸上部の練習中に疲労から膝ががくがくしてそのまま膝をついて転倒しました(転倒時『バキッ』という音が自分では聞こえたそうです)。その時は擦り傷程度で自分で立ち上がり、歩いたり軽く走るのもできたそうです。特に腫れや熱感もなく、強い痛みもなかったのですが、夜中に寝ながら立てた膝を外側に倒すと突然鋭い痛みが右膝の外側~裏側の辺りを襲って、叫び声をあげていました(この時も『バキッ』といったそうです)。しばらくするとおさまりましたが、朝も立ち上がる時痛かったようです 。でもその後日中は強く膝を曲げたりあぐらで座った後に立とうとすると痛む位で、動いても特に痛みはありませんでした。念のために受診した整形外科(個人医院)でもレントゲンに異状はなく、膝周囲の腱にも特に腫れや陥没はないとのことで、シップのみいただきました。しかし、転倒後3日経っても日中は特に痛みはないのに、朝や寝ている時に膝を曲げると痛くて伸ばせなくなったり、立てた右膝を外側に倒すと大声が出る位の痛みが襲うことがあります。どうしてこんなに痛みに波があるのか不思議です。このまま放っておいても良いのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

放っておいてはまずいでしょう。
靭帯や半月板の傷害が起きている可能性が大です。「痛みに波がある」のは、例えば、剥がれた軟骨が関節内を遊走する「関節ネズミ」で見られる症状です。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10591700.html

レントゲンには骨しか写りません。靭帯や半月板や軟骨の状態を把握するにはMRI検査が必須です。従って、個人医院での診断はあまり信頼性が高いとは言えませんし、湿布を出すだけという対応も感心しません。

スポーツ整形医学の専門医を受診されることをお勧めいたします。
各種トラブル回避のため、JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介はしておりません。
ただし、スポーツ外傷であれば、日本整形外科学会のサイトから、学会認定のスポーツ整形専門医が検索可能です。

【日本整形外科学会認定スポーツ医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.


回答いただきありがとうございました。ただ、日中歩いたり立ち座りしても特に痛みはないのですが、それでも靭帯や半月板が損傷している可能性があるのですか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「日中歩いたり立ち座りしても特に痛みはないのですが、それでも靭帯や半月板が損傷している可能性」はあります。スポーツ選手では半月板が無かったり、前十字靭帯が断裂したまま競技を続け、日常生活を送られている方がたくさんいます。
膝関節は、複数の腱や靭帯、筋肉によって支えられているため、一部に障害が生じても、他でカバーされてしまうのです。
しかし、ある特定の方向に力がかかった場合などには、痛みや、「膝崩れ」が起きます。

脅かす意図はございませんが、ご子息にはまだまだ先がありますし、「大声が出る位の痛みが襲う」といった臨床症状があるわけですから、ここでしっかりとした検査と治療を受けられておくべきであると考えます。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問