JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

初めまして、55歳女性会社員です。以前から腰は丈夫ではありませんでしたし、ぎっくり腰も3回ほど患ったこともあります。

解決済みの質問:

初めまして、55歳女性会社員です。以前から腰は丈夫ではありませんでしたし、ぎっくり腰も3回ほど患ったこともあります。9月初め位から腰痛がひどくなり、整形外科に掛かりレントゲンで腰椎分離症と 診断されました。第3腰椎とのことでした。年齢による骨の先端の変形がやや見られる事それから3番と4番の骨の間隔が狭くなっている事も言われました。仕事は、事務職ですが通常のデスクワークの他に、購買の仕事としてやや重いもの(金属類等)荷物の搬入もしていました。やや良くなったと思い、10日位で出勤しましたが逆に悪化させてしまいました。自宅では寝たきり老人の介護もしています(介護度5)4年10ヶ月になります。デイケア・ショートステイ・訪問介護等利用しておりますが、土・日は家にいる場合が多いです。やや肥満ぎみで体重を減らさないといけないことは、自分でもわかっております。もともと学生時代は機械体操をして腰に負担をかけていた事、寝たきり20年越えの姑もここ6年前までは在宅で介護していた事(今は特養老人ホームに入所)舅が寝たきりであること等腰に負担がかかっていた為と言うことでしょうか。疲労骨折でしょうか。 現状は、腰そのものもですが、お尻のえくぼ周りとか股関節が痛みます。ひどくではありませんが、立ち座りや同じ姿勢でいる事で痛みは出てきます。家事をするにも痛みがあり主人や娘に助けてもらっています。整形には今通院してはおりません。マッサージは以前から肩こりが有る為2週間に1回通っています(全身のリンパマッサージです)。家で軽い腹筋運動、外での買い物、勤務と歩行は必要に応じてしております。骨はもうこのままとの事ですがこれからの自身のケアはどのようにして行くのがよろしいでしょうか。長々説明してしまいましたが、今後のリハビリ・通院・コルセットは何時までつけているのかなど、実際に診察して頂いたわけではありませんが、ご教示下さい。宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

ほんとうにたいへんですね。
腰が痛いのにお仕事にも行かなければ行けないし、お家では介護も。
腰が安静に保たれる暇がないですね。

腰椎分離症では神経根が圧迫していることが多いですよね。

さて、脊髄専門医に評価をお願いしたことはありますか。
ペインクリニックの受診はいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

地元の総合病院に疼痛外科はありますが、知人数人から結構過激に治療する接骨院が良いとかカイロプラクテスがいいのではとか情報をくれるのですが、初期に通院していた整形外科は、電気をかけて湿布して痛いときは薬を飲んでとお決ま りのコースです。腹筋等鍛える事で自宅での処置でこのまま痛みが出たときだけ通院するような形をとっていくしかないと言う事でしょうか。俗に言う「だましだまし」的な事でしょうか。もともと時間がかかる病気だとは理解していますが前記しましたようにやることがたくさんある事で何が何処がいいのかと考えております。マッサージの先生も良くして下さいますので長丁場としてゆっくりやるしかないんでしょうかやはり。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お返事ありがとうございました。

腰椎分離症がある場合は前にも書きましたが神経根の圧迫があります。
そのためにどうしても痛みが出ますよね。

痛みがあっても日常生活が支障なくできるなら今の方法を根気よくとられて「だましだまし」という表現はぴったりくるのですが頑張られたらいいです。
つまりマッサージを続けられて、腹筋や背筋の強化をするリハビリを続けるとか、痛むときは安静にしてお薬を飲まれて過ごされたり、痛みがおさまってきたらリハビリを再開するとかですね。

保存療法で要は腰痛を予防することを心がけます。

 

ただし、神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みで日常生活や仕事に大きな支障が生じれば、そのときは残念ながら手術となります。

神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われるんですよね。

 

一度脊髄の専門医に評価をお願いしてみてはどうでしょうか。

脊髄分離症はレントゲンで診断がつきますが、一応MRIも撮ってもらって詳細を診てもらうのもいいと思います。

そして今後の方針を専門医といっしょに立てられるといいでしょうね。

 

http://www.jssr.gr.jp/jssr_web/html/sick/index.html

 

http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

 

これらが専門医のリストですので参考になさってくださいね。

また、保存治療加えて疼痛管理のできるペインクリニックも視野に入れられるといいかと思います。

 

http://www.jspc.gr.jp/member/prefectureselect.php?select_type=authorized

 

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。


docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問