JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

寝違いが原因で首を痛め左手親指、人差し指、薬指と痺れがあり、整形外科を受信しました。 MRIの結果、頸椎にヘルニア

解決済みの質問:

寝違いが原因で首を痛め左手親指、人差し指、薬指と痺れがあり、整形外科を受信しました。
MRIの結果、頸椎にヘルニアがありました。 投薬と牽引を続けましたが改善せず、ブロック注射を受ける為に他院に行き、星状神経節ブロックで改善せず、神経根ブロックに切り替えましたが、それも効果ありませんで現在に至ってます。
医師からはたとえ外科手術をしても痺れまで無くなるかは、してみないと分からないと言われました。
今後どういった治療が有効なのかを教えて頂けないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします。


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
「左手親指、人差し指、薬指と痺れ」がおありとのことですから、第 6、第7頚髄神経(C6、C7)にヘルニアによる圧迫が生じているものと思われます。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg

恐らくこれまで行われてきた治療は、薬物療法としてはビタミンB12製剤やリリカの投与でしょうし、牽引、神経ブロック(しかも神経根ブロック)までが行われていますから、保存的治療(非手術的治療)で残っているのは、カラーによる頸部の固定・除圧くらいだと思います。

神経が圧迫されている期間が長くなればなるほど、手術後の回復も悪くなる傾向がありますから、ここまで保存的治療を行われたのであれば、早期に手術の決断をされた方が賢明かもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問