JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

81才の女性です。 6年前に整形外科で知覚鈍磨と言われました。 レントゲンも撮ってくれましたが異常は見つかりませ

解決済みの質問:

81才の女性です。
6年前に整形外科で知覚鈍磨と言われました。
レントゲンも撮ってくれましたが異常は見つかりませんでした。
知覚鈍磨なので如何しようもない、治療法は無いと言われ ました。
現在も右半身、手、足、特に足のももの付け根から足の裏にかけて
ひりひりと痛みが有ります。

今年の4月から透析を週3回4時間することになりました。
その4時間の間我慢出来ないほどももの付け根から足の裏にかけて
ひりひりと痛みが襲ってきます。
知覚鈍磨は治療法は無いのでしょうかお尋ねいたします。
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

「ひりひりと痛みが有」るのであれば、それは知覚鈍麻とは呼びません。知覚鈍麻とは書いて字のごとく、近くが鈍くなり、触られているのに触られている感じがしないとか、熱いお湯の温度がわからないといった症状のことです。相談者様の場合は、いわゆる痺れを呈する何らかの疾患が考えられます。

整形外科でレントゲン検査を受けられたとのことですが、その部位のレントゲン写真を撮られたのでしょう?

透析に導入されたとのことですが、その理由を教えて下さい。腎不全の原病は糖尿病でしょうか?

ももの痛みは、前方ですか? 後方(お尻側)ですか?

足の冷感はないでしょうか。

腰痛はおありではありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります、私の姉なので同居してないので遅れました。


 


本人は歳なのでレントゲンを撮ったのがはっきりしないのです。


肩が痛くて撮ったり膝が痛くて撮ったり何回もあちらやらこちらやらと


撮っているので何処を撮った時ので知覚鈍磨と診断されたか覚えてないようです。


透析になったのは近くの病院では塩分を取り過ぎないように言われていたが


3年前から腎不全になりました。


ももの痛みは腰から後方お尻にかけてです。


足の冷感と腰痛も少しあります。


尚7年前頃から変形膝関節症が有り、膝の何膜か手術したがよくならず


人工関節を進められたがしていません。


腰痛も少しはあります。


 


以上に付き宜しくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「腰から後方お尻にかけて」の痛みがおありなのであれば、下半身の症状については坐骨神経痛であろうと考えられます。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。
http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg

最も多い原因は腰椎のヘルニアや脊柱管狭窄症ですが、これらの理由で坐骨神経痛が起こっている場合は症状が片側であることが多く、また腰椎に原因がある場合は普段から腰痛を伴っていることが大半です。
おそらく妹様は腰椎に何かの疾患があり、下肢の症状を呈されていると考えられます。

となると、「右半身、手」の症状も、頸椎の変形やヘルニアによって起こっている可能性が高いでしょう。

やはり知覚鈍麻ではないと思います。

これまで整形外科にかかられてきたとのことですが、背骨は整形外科でも専門性が高い領域ですので、専門医を受診されることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

サイトにも書いてある通り「脊椎脊髄病医は脊椎脊髄疾患、すなわち腰痛、頚部痛、肩こり、手や足のしびれや痛み、歩行障害などを症状とする病気について研鑽を積み、数多く診療し、十分な知識を持つ医師」なのでご希望にかなう医師がみつかるはずです。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問