JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

三週間まえから背骨の横に痛みがあり、医院で肋骨の骨折と診断され、鎮痛剤と湿布を出されています。痛みが軽くなるどこかだ

解決済みの質問:

三週間まえから背骨の横に痛みがあり、医院で肋骨の骨折と診断され、鎮痛剤と湿布を出されています。痛みが軽くなるどこかだんだんひどくなり、寝ていたり、うたた寝したりして、からだを固定していると、そのあとからだを起こすときに激痛が走り、しばらくその痛みが続きま す。レントゲンは毎週四枚とっているし、医師は大丈夫でょう、といわれるのですが、医師にかかるときはそれほどの痛みはなくても、寝起きの痛さは異常です。ふだんは鈍痛がずっと続いています。三週間のあいだに3、4回マッサージをしてもらいましたが、痛みは増すような気がするし、医師にもマッサージは痛いあいだはやめるようにいわれたので、最近はいっていません。自分の感じとしては骨折の周辺の筋肉が固まってしまって痛むような気がするのですが、どうでしょうか。お伺いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします。


こんばんは。猫山と申します。

「自家の針治療器で骨折部以外のところを押す」ことは、マッサージ同様、止められたほうがいいでしょう。
肋骨は肋間筋という筋肉で繋がっていますので、骨折部位以外への圧力も、多かれ少なかれ骨折部位に伝わります。

「骨折の周辺の筋肉が固まってしまって痛む」ことは全く否定はしませんが、筋肉の凝りをほぐすにはまず骨折を治してマッサージなりを行える状態にしなければなりません。
現時点までの相談者様の行動は、骨折部位に外力を与えすぎて治癒を遅めているように思われます。
それによって筋肉の緊張も高まり、凝りによる痛みも加わっているのだと思いますから、悪循環です。気持ちも常にその部位に向いてしまっているような状態なのではないでしょうか。

現時点では、骨が付くまで安静に徹されるべきであろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
,痛みにどう対処したらいいのかわかりません。たとえば、筋弛緩の効果のある薬とか、もっと強い沈痛剤とか考えられないのでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
鎮痛は確かに重要です。

筋弛緩効果のあるお薬としてデパス、強い鎮痛が得られるお薬としてトラムセットというお薬が整形外科領域では多用されます。

主治医と相談されてみることをお勧めいたします。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問