JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

半月板損傷の診断を得て(MRI撮影し状況は承知しています)3カ月、この間膝の筋肉の強化の為 リハビリを続けています

解決済みの質問:

半月板損傷の診断を得て(MRI撮影し状況は承知しています)3カ月、この間膝の筋肉の強化の為
リハビリを続けていますがちくちくした痛みは消えず手術しようかと考えてますが、一般的に
言って手術をすればどの程度の確率で痛みは無くなりますか。と言うか手術により成功する確率は
どれくらいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせい ただけますようよろしくお願いいたします。


こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

痛みが半月板そのものに由来する、もしくは千切れたり千切れかかっている半月板が関節に挟まる(ロッキング)によって生じているのであれば、関節鏡手術で半月板切除を行えば、ほぼ100%の確率で痛みはただちになくなります。ただし、関節のクッションを失うわけですから、将来的に変形性膝関節症を呈して膝痛が生じる可能性は高まります。関節鏡手術の成功率は、専門の医療機関であれば、これも100%に近いでしょう。

すでに変形性膝関節症を呈しており、関節軟骨が磨耗することで生じている場合は、軽度・中等度の場合は手術の対象とはなりません。重症例では人工膝関節置換術の適応となり、この場合は痛みはただちに無くなるものの、リハビリテーションに数ヵ月がかかりますし、日常生活動作にも一定の制限が生じます(正座ができないなど)。
手術の成功率については手元に資料がありませんが、低くはありません。

痛みの原因がどこにあるのかを主治医に相談され、手術の適応となるのであれば、その利害得失をよく検討されて決断を下されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山様


回答ありがとうごました。 返事遅れ恐縮ですが先週事故発生から3ヶ月後の2回目のMRIを撮ってその結果も見てもらったのですが少し画像が変更して入りとかで半月板意外に軟骨に傷付いている可能性ありとの診断でした。


手術の際半月板のささくれ以外に軟骨の表面のなめらかにする事も考慮する


との判断でしたがかかる事、内視鏡手術の際ままあり得る事ですか。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ままあることです。

半月版は膝関節の軟骨に張り付いていますので、半月板に損傷があって軟骨に何ごとも無いことの方が稀です。

「軟骨の表面のなめらかにする」作業をシェービングと呼びますが、半月板の内視鏡手術を行う際に、一緒に行われることは多い処置です。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問