JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20才の大学生の息子が8月25日に水泳時に仲間とふざけて肩車されそこから転倒して第2腰椎圧迫骨折と診断されました。怪

質問者の質問

20才の大学生の息子が8月25日に水泳時に仲間とふざけて肩車されそこから転倒して第2腰椎圧迫骨折と診断されました。怪我から4日後に診療を受け、寝ている間以外はコル セットを着用しています。通常の生活ではあまり痛みはないとのことです。
 一人暮らしをしており、バンド活動でベースギターをしており、練習やキャンプに行きたいと言っています。通常の生活では腰が重くなる程度とのことですが、圧迫骨折とのことなので、なるべく安静にするよう親は心配しています。
 あまり、痛みがない腰椎圧迫骨折の場合、どの程度の安静が必要でしょうか。主治医の先生は、激しい運動以外は通常の日常生活をしていいとのことです。
 一人暮らしで、本人もどの程度の安静が必要か心配していますのでアドバイスをお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろ しくお願いいたします。


こんにちは。猫山と申します。

ネット相談ではご子息を診察できず、レントゲン写真も拝見できないわけですので、回答は一般論になりますがよろしいでしょうか?

主治医にこのご質問はしにくいのでしょうか?

一口にバンド活動と言っても色々なジャンルの音楽がございます。ご子息のバンドでは演奏に激しい動きを伴うのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.


一般論で結構です。主治医の先生は激しい運動以外であれば、日常活動はあまり制限していないようです。


 演奏は腰に気をつけて、練習したいとのことです。本番も気をつけて演奏したいとのことですが、腰椎圧迫骨折の痛みが長引くことや後遺症が本人も家族も心配です。


 9月11日に診察があり、レントゲン撮影があるとのことですが、圧迫骨折の割に痛みが少ないため主治医の先生の指示が日常生活は通常で良いので気をつけて とのことでセカンドオピニオン的に一般論のお答えをお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.


一般論で結構です。主治医の先生は激しい運動以外であれば、日常活動はあまり制限していないようです。


 演奏は腰に気をつけて、練習したいとのことです。本番も気をつけて演奏したいとのことですが、腰椎圧迫骨折の痛みが長引くことや後遺症が本人も家族も心配です。


 9月11日に診察があり、レントゲン撮影があるとのことですが、圧迫骨折の割に痛みが少ないため主治医の先生の指示が日常生活は通常で良いので気をつけて とのことでセカンドオピニオン的に一般論のお答えをお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.

一般論で結構です。主治医の先生は通常の生活でよいとのことですが、腰椎圧迫骨折の場合の安静の度合いが良く分からないので、よろしくお願いします。


バンドは激しい演奏はしませんが、腰に負担がかかるので心配です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

一般的には、痛みがない腰椎圧迫骨折の場合、日常動作時にコルセットを使用しつつ、2週間の安静を保つことで骨折した椎体はほぼ癒合します。

コルセットを使用していた間、体幹を支える筋肉が弱っていますから、「日常生活は通常で良い」といっても、長時間の立ち仕事や、座り仕事(座位では立位の1.5倍の圧力が腰椎にかかります)は望ましくない時期であると思われます。

従って、バンドの練習やキャンプはお勧めしません。これらは、いわゆる「日常生活」よりも活動レベルが高いと考えられるからです。
あくまで日常生活レベルで、安静を心がけた生活をあと最低でも2~3週間は続けられるべきでしょう(この期間については主治医とも相談されるべきでしょう)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問