JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

4年前から左膝内側にピンポイントの痛みが時折ありました、今年8月13日MRI検査により、内側半月板に2センチ長さ程の

解決済みの質問:

4年前から左膝内側にピンポイントの痛みが時折ありました、今年8月13日MRI検査により、内側半月板に2センチ長さ程の亀裂が入っていることがわかりました。Drはヒアルロンサン間接注入5回行う、大腿筋肉強化のリハビリを行うといい、現在4回実施しました。私69歳です、10年ほど前から体力アップ目指して筋トレ、ストレッチなどの自主トレを少しづつ増やし、軽登山、旅行などを楽しんでおります が、今その自主トレもひざの負担を軽くするため、自分で半分ほどに減らしたのですが、担当の膝専門Drはそれも進められない、リハビリに専念するようにいいます。私的には自主トレを止めたら全身の筋力低下が速やかにやってきて、若い人と違って、それを回復させることがとても難しく、山歩き、旅行ができなくなるのではとしんぱいしています。半月板外科的治療にどのような方法があるか詳しく知りたいです。私、69歳女性、札幌在住です。よろしくお願いします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

大変ですね。
膝はかなり痛むのでしょうか。
腫れたりしていませんか。

さて、外科手術を考慮しておられるのでしょうか。
どのようなことが具体的にお知りになりたいか、箇条書きにしてくださると助かります。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

経過を報告します


私、10年ほど前から体力づくりのため筋トレ、ストレッチなどはじめ、少しづつ運動量増やして今日に至っています。そのなかで


H20.8.11 1週間ほど前から左大腿付け根、左膝内側がピンポイントでツンツン痛むのでスポーツ整形受診。筋肉の付け根の炎症と言われ、ロキソニンパップ投与され、時々貼っていました。


H23.4.6 腰痛で受診した折に左膝ピンポイントの痛みも申告し、筋力の衰えだろうと言われる。


H24.春6月の軽登山に向けて少し、トレーニングに精を出しすぎたためか、ピンポイント痛が強くなり、


H24.6.5 受診し、キシロカイン、ステロイドの局注うけ、痛みがスーッと消え、痛み止めの投与も受け、快適に登山してきました。その後、8月にも軽登山あるため自主トレに精を出し7月下旬またピンポイント痛がでてきたため、


H24.7.25 同じ病院の膝専門医受診(前回専門医制を知りました)医師の見通しは変形性膝関節症で、O脚改善装具(外靴用と室内履き)制作と大腿筋強化のリハビリ指示、MRI予約しました。


鎮痛剤服用して登山無事でした。


H24.8.13 MRI検査受け、左膝内側半月板に2センチほどの亀裂が入っていると言われ、ヒアルロンサンとキシロカインの間接注入を週1回、5回行う、リハビリ行うと言われた。


H24.8.22 Drに「あと10年1軒屋ぐらしを続け、雪かき、庭仕事、軽登山、旅行、アクアビックスなどを続けたいので、それのできる膝にもどしてほしい」と申し出ました。


H24.9.7現在注射4回実施、Drは膝に負担掛ける運動は止めること、リハビリに集中するよう言いますが、私10年かけて少しづつ強くした全身の筋力が落ちてしまうのがとても心配です。若者と違って筋力の回復は難しいと思うのです。保存療法が長引いて、家の中うろうろする生活では困るのです。Drに関節鏡で詳しく検査し、同時に必要な手術してほしいと頼みました。今は保留になっています。私には具体的にどういう手術があるかわかりません。詳しく教えていただきたいと思います。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
詳しい情報をありがとうございます。

経過をレビューしますと半月板の断裂はともかく損傷はずいぶん前に始まっていたような印象を受けますね。

半月板は損傷しますと若い膝ならともかく、保存治療ではなかなか治療が難しいです。
と言いますのは半月板の周囲の、つまり外側の損傷ならまだ血行がいいので保存治療も効果がありますが、それが内側になりますと血行が悪いために手術が基本的には治療の第一選択になる場合が多いです。

さて、痛みを我慢してトレーニングをされるとどうなるかなのですが、徐々に半月板の傷が広がります。そして膝にお水がたまってきたりロックして動かなくなったりします。
その状態がますます進みますと関節の軟骨が擦り減ってしまうので関節がひどい変形性間節症になっていきます。
ですからあなたのトレーニングを主治医は止められたのだと思いますよ。

さて、お尋ねの手術ですが、関節鏡というカメラで半月板の損傷部分をきれいに削ったり縫合したりします。
関節鏡のカメラはとても細いスティックのようなものでそれを膝の中に挿入します。

手術した場合は数日入院、そしてリハビリがやはり必要で、無理な運動はできません。
もとの運動ができるようになるにはやはり半年単位の月日を見込まれたほうがいいでしょう。
早くて3ヶ月ほどですむかもしれませんが、それはあなたの膝の回復次第と言えますね。

さて、あなたの場合は縫合なのかそれともお掃除なのか、ということにお話を続けます。
最初に指摘しましたように半月板の損傷は決して新しいものではないということは確かなようです。このような場合は組織の変性が進んでいますので縫合しても元の形には戻らない可能性が高いです。
そして縫合しても血行が悪いのでうまくくっつかないことも考えられます。
ですから部分的に切除してきれいにお掃除する方法を取られると思いますね。
これに関しましては主治医に確認されてください。

このお掃除の方法を取りますと縫合した場合よりは早期復帰が可能ですね。

おおよそのお話をしましたがいかがでしょうか。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.


手術には2方法あること、半月板縫合術は古い傷には向かないこともわかりました。お掃除という方法をとった場合、亀裂はそのまま残るわけですか、半月板の強度はどうなるのでしょうか、リハビリして、軽登山、旅行、アクアビックス、雪かき、庭仕事などの仕事や趣味が行えるようになるのでしょうか。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
半月板をきれいにお掃除してなるべくもとの形に近いように修復するわけですが、リハビリもしっかりすれば回復して元のスポーツができるようになりますよ。
時間がかかるのでそこが辛いですが。
docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問