JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

足首関節痛に関する質問です。53歳、男性です。 18年前に足首関節内より(軟骨?)小片をいくつか取り出す手術をしま

解決済みの質問:

足首関節痛に関する質問です。53歳、男性です。
18年前に足首関節内より(軟骨?)小片をいくつか取り出す手術をしました。以来、最近まで問題なくすごしてきました。スポーツも不自由なくこなしてきました。しかし約1ヶ月前に昔と同じような症状が現れ始めました。症状は下記の通りです。
1.足首を伸ばす(靴下を履く、 靴を履く)時にピキッという痛みがあり、数十秒は足がつけない。しばらくすると痛みが和らぎ歩けるようになる。(足首の関節が抜けるような感覚)
2.痛みの場所は外踝の内側(正面側)で、押すと痛い。足首を曲げた状態では押しても痛くない。 
3.水がたまったようにぶよぶよ腫れているが、朝になると腫れはひいてくる。
4.今はとりあえずきつめのサポーターをして足首を伸ばさないようにして生活しています。通勤時の階段降りを慎重にしています。

症状が以前と同じなので、ぶり返したのかと心配しています。ということはやはり手術が最良の治療法なのでしょうか。18年前と今とでは医療技術も進んでいるので手術も以前よりはラクになったのでしょうか。とはいえ手術も覚悟して病院にいくために、まず専門家のご意見を伺いたくよろしくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めております。

ご記載からすると18年前の手術は遊離軟骨(いわゆる関節ネズミ)の除去手術だったのではないかと推測します。

少し補足情報を下さい。

①何のスポーツをされていた/いるのでしょうか。競技レベルでなさっていますか?

②18年前も「水がたまったようにぶよぶよ腫れているが、朝になると腫れはひいてくる」という症状はありましたか?

③18年前に手術した足首と、今回ご相談の足首は同じ側(左右という意味です)ですか? つまり、18年前に手術した足首に再度トラブルが起きていると理解してよろしいでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※これより移動しますので、回答は少し遅れます。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生、よろしくお願いします。
①スポーツは週1回のテニスと冬のスキーです。テニスはクラブ会員で、ローカルのダブルス大会にたまに出る程度。スキーはゆったり、たまにコブ程度。


②18年前も水がたまって痛くなって病院にいって抜いてもらって、という状態でした。今回はそこまでひどくなっていない状態です。ほうっておけばまた同じになるのではないかと不安です。


③18年前と同じ足(右足)です。再トラブルです。手術後に担当の先生から「奥のほうにまだ残っているが、かかと側からの大掛かりな手術になるので手をつけなかった」と言われました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

おそらく相談者様は変形性足関節症を呈されている可能性が高いと考えます。

http://kotobank.jp/word/%E5%A4%89%E5%BD%A2%E6%80%A7%E8%B6%B3%E9%96%A2%E7%AF%80%E7%97%87

 

診察しておりませんので重症度までは判じかねますが、足首が「水がたまったようにぶよぶよ腫れて」るのは、関節液の貯留を示唆する所見で、足首関節の軟骨が炎症を起こしていることを意味します。

 

18年前の時点で相談者様の右足首の軟骨は既に欠損していますから、残存する軟骨にかかる負担は大きくなっています。足首は荷重関節(体重がかかる関節)ですし、足首に負担がかかるスポーツもされていますから、変形性足関節症が再発・進行しているものと推測いたします。

 

「奥のほうにまだ残っているが」のであれば、手術適応と判断される可能性は低くないでしょう。現在は手術自体は内視鏡手術で行われますし、入院期間も1週間未満であることがほとんどです。

 

術後のリハビリテーションのことも考慮するならば、スポーツ整形外科の専門医療機関を受診されることをお勧めいたします。

各種トラブル回避のため、JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介はしておりません。
ただし、スポーツ外傷であれば、日本整形外科学会のサイトから、学会認定のスポーツ整形専門医が検索可能です。

【日本整形外科学会認定スポーツ医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html

「詳細」情報から、さらに体のどの部位の傷害に強いかも知ることができますから、この中から当たりをつけて受診され、治療方法も含めて相談されるのがよいであろうと考えます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問