JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

マスターズ陸上で短距離100mを走って5年になる54歳です。 今年の春頃から左アキレス腱痛があったのですが、走り出

質問者の質問

マスターズ陸上で短距離100mを走って5年になる54歳です。
今年の春頃から左アキレス腱痛があったのですが、走り出すと痛みも緩和されたので
気にせず走ってました。ところが 試合を重ねるうちに痛みが消えなくなり、
整形外科で診てもらいました。医者は「アキレス腱炎でしょうが、
念のためレントゲン撮りましょう」ということでレントゲン写真を見てみると・・・・

何と、左足踵のアキレス腱に繋がってきる骨が変形している(驚)
医者曰く「こりゃ、痛そうだわ。ドクターストップだな。紹介状書くから、スポーツ医科学センターで今後の相談をしなさい」でした(泣)

いろいろネットで調べてみると変形は「骨棘」のようです。
アキレス腱炎と骨棘の関係、治療の目途を教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへんですね。
骨棘がおありなんですね。

ふつう骨棘の原因になるのは局所的な炎症です。
多くは変形関節症や腱炎です。

あなたの場合はアキレス腱炎が原因となって骨棘ができたと考えるのが妥当ですね。

まずはそこまでで止めますが治療の目途と言いますとどのようなことをお話すればいいのか箇条書きに質問を書いていただけないでしょうか。
できる範囲で対応いたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

・安静にしていれば、炎症(痛み)は治まるのか


・炎症が治まれば、またダッシュして良いのか


 


・ダッシュして良いのであれば、今後の注意する点


 


・レントゲン写真ファイルであるので添付できます。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
わかりました。
添付願います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。
コピーの貼り付けができません。


添付の方法を教えてください。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
私にもよくわかりません。

以前にこのようなケースがありました。
そしてサポートデスクにファイルをメールで送ってくださった方がおられました。

そのようにされるかそれともこのまま続けるかですがどうしましょうか。

一般的なところはお話できますが。
質問者: 返答済み 4 年 前.

下記の掲示版のX線写真をみてください、


 


http://9004.teacup.com/super_touchan2006/bbs

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
写真を拝見しました。

実は私は毎日たくさんの患者さんのレントゲン写真を見ます。
あなたのような位置に骨棘がある患者さんも時にはおられますが、なんと症状が皆無の方も多いです。
骨棘が問題となるのはあなたのように症状があるときのみです。
骨棘のせいで神経を苛立たせているために痛みがあるわけですよね。

初期の治療法はアキレス腱炎の治療、炎症を減らす治療、そして可能な限りストレスを与え続けて炎症が再燃しないようにすることに重きをおきます。
炎症がおき続けますと、前回の情報リクエストにも入れましたように骨棘は増え続けます。

非ステロイド性抗炎症鎮痛薬を服用されること、ステロイドの局所注射をすること、そして足裏のパッドを使うなどなど。。。
そして理学療法士のもと理学療法を受ける。

ここまでが保存療法になります。
炎症がなくなればしめたもので以前のようにスポーツには戻れるようになると思います。
ストレッチを十分にされた後にダッシュをされるようにして、決して無理のないような走り方をされること。
トレーナーがいればその指導をあおぐこと、などなど。

そしてもし万が一治療がうまく進まなければ手術で骨棘を取り除くことになりますがこれが一番回復に時間がかかることは目に見えていますね。
年単位でのリハビリもこの場合は必要になる可能性がありますが、問題は消失、解決します。

そこでスポーツ外科に行かれることにされたんですよね。
足は実は解剖学的にも機能的にもとても複雑でしてそれのみの専門家が存在することを知っておいて下さい。

治療に行きづまったら、足の外科医を訪ねることです。

http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

このサイトをぜひ参考にされて下さい。
docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


早速ありがとうございました。


治るケガであることが分かって安心しました。


まずは安静にして、炎症をなくすようにします。


また、スポーツ外科でリハビリをするつもりです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

骨棘とアキレス腱の石灰化の違いを教えてください


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
http://kougenbyo.exblog.jp/9726521

このサイトの下のほうに骨の写真があって骨棘が示されています。
骨棘は骨から出っ張っている棘のようなものです。

その下に石灰化の写真も載っていますよ。
石灰化というのは骨の部分の異常ではなく腱が石灰化することです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速ありがとうございます。
すみません。もう1点。


 


私の骨棘は石灰化ではないと考えて良いですか?

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
石灰化と言われていなかったら違うでしょうね。
レントゲンの写り方ですぐわかりますからね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

特に言われていませんので、違いますね。


大変ありがとうございました。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。

整形外科 についての関連する質問