JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

両腕にしびれが有 だるさが残ります。正座したときなど血液循環が悪いような感じのしびれです

解決済みの質問:

両腕にしびれが有 だるさが残ります。正座したときなど血液循環が悪いような感じのしびれです
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①差支えなければ相談者様のご年齢を教えて下さい。

②高血圧や糖尿病、高脂血症等の持病はお持ちではないでしょうか。

③手の皮膚に変色はありませんか? また、手に冷感はないでしょうか。

④頸部痛はありませんか?

⑤症状はいつ頃から自覚されましたか? 徐々に悪化しているのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

44才男です。毎年健康診断してますが特に持病はありません。半年前からビルクリーニング業で生活が不規則になりました。清掃機械で軽い振動は有りますが 症状は一カ月前からで悪化は特にないです。しびれが今後悪化して大好きなゴルフに影響が出ないか心配です。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

上肢のしびれや脱力が現れた場合、それが神経性のものか血管性のものかを鑑別しなければなりませんが、相談者様の場合は神経性のもの、特に頸椎の問題(たとえ ば椎間板ヘルニアなど)に起因する神経根(頸椎の間を通って脊髄から腕へと伸びる神経の根)の圧迫による知覚障害を呈されている可能性が高いと考えま す。

両側性、むくみや変色を伴わないといった特徴は、頸椎に起因する知覚障害に合致します。
血管性の知覚障害は上肢では起こりにくく、相談者様に動脈硬化のリスクファクターがないことこからも、まず神経性の病態を考えるべきであると考えます。

上肢の知覚は、第5頸髄神経(C5)以下の頸髄、胸髄神経によって支配されています。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg

変形性頸椎症、頚部椎間板ヘルニアなどいくつかの原因疾患が考えられますが、いずれも悪化・進行はあり得ます。
脊椎の専門医を受診されて診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問