JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先週の日曜日にぎっくり腰になりました。おとといまでは動くと痛みがあるので寝ているしかなかったのですが、昨日からなんと

解決済みの質問:

先週の日曜日にぎっくり腰になりました。おとといまでは動くと痛みがあるので寝ているしかなかっ たのですが、昨日からなんとか動けるようになったと思って喜んでいたら、腰と尾骶骨周辺に鈍通があってどうしようもありません。昨日整形外科を受診しましたが、骨には異常がなく痛み止めと筋肉を和らげる薬と湿布が処方されました痛み止めもずっと飲んでいましたが全く痛みはなくなりません。仕事も1週間休んでいますが、来週からは痛みがあっても行かなければなりません。痛みで仕事にも集中できないと思います。いっそのこと入院できればと思いますが、腰痛くらいでは無理なのでしょうか?また、痛みがなくなるまでずっと我慢しなければならないのでしょうか?   ご回答宜しく願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします 。


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

レントゲンではなく、腰のMRI検査を行われたほうがよろしいかと存じます。

ぎっくり腰は診断名ではなく、複数の傷病の総称です。
ぎっくり腰と言われるくらいですから、尻餅をつくような転倒をされたわけではないのだと推測します。にも関わらず尾てい骨にまで鈍痛が生じるのは、骨や筋肉ではなく、神経の損傷や圧迫が生じている可能性が否定できませんが、これはレントゲンではわかりません。
また、受診先も整形外科でありさえすればよいというものではなく、脊椎の専門医を受診されるべきでしょう。
入院になるかどうかは腰痛の理由次第ということになります。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますの で、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状について レベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】 http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】 https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問