JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14369
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

腰部脊椎狭窄症のため、右足がしびれ、歩くに不自由をしています。狭窄部分にブロック注射をするといいと聞きますが、どうし

質問者の質問

腰部脊椎狭窄症のため、右足がしびれ、歩くに不自由をしています。狭窄部分にブロック注射をするといいと聞きますが、どうしたらよいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザ ー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします。


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
神経ブロックは一定の効果を期待できると思います。

少し補足情報を下さい。

①しびれを感じ始めたのはいつ頃ですか?

②相談者様の腰部脊椎狭窄症の診断のためにMRI検査は行われましたか? 腰部脊椎狭窄症の原因には椎間板ヘルニアや脊椎すべり症など色々な病気がありえますが、相談者様の場合は何が原因なのでしょう?

③相談者様は患者様ご本人ですか? 神経ブロック注射に何らかのご懸念がおありなのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
こ※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

昨年11月中旬。MRI検査をしました。どうしてなったかはわかりません。ただ遠方まで自動車を何回も乗りました後に起こりました。相談者は本人です。 神経ブロック注射に何らかのご懸念があるわけではありません。最近そのことを知りました。月何回するのですか。狭窄の部分にするのですか。相談料3000円ほどの支払いは致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
ご返信・追加情報ありがとうございます。

長時間の座位(自転車に乗る場合も含まれます)は腰に負担をかけます。
体位によって椎間板にかかる圧が異なり、立位より座位で椎間板に高い圧(約1.5倍)が加わりますから、発症のきっかけからすると椎間板ヘルニアが原因で脊柱管狭窄症をきたしている可能性が高いように思われます。

脊柱管狭窄症の神経ブロックには、「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」の2つの方法があります。
前者は仙骨部から硬膜外腔に局所麻酔薬やステロイド薬を注射する方法で、後者は背中から針を刺し、圧迫されている神経根(脊髄から、腰椎の間を通って脚に伸びる神経の根)の周囲に直接、局所麻酔薬とステロイド薬を注射する方法です
相談者様の場合は狭窄部位の神経根へのブロックが行われる可能性が高いと考えます。
http://www.hernia-therapy.com/img162.png

神経ブロックの効果の持続期間には個人差があり、数日から数週間と幅があります。
従って、月に何回のブロック注射が必要になるかどうかはまず一度神経ブロックを行ってみなければわかりませんが、月に1回程度のブロック注射を行う患者様が多いように思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問