JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の夫のひざ痛について、お願いします。2週間ほど前、狭い押入れで作業していた際、無理な姿勢で作業をし続けたため、膝が

解決済みの質問:

私の夫のひざ痛について、お願いします。2週間ほど前、狭い押入れで作業していた際、無理な姿勢で作業をし続けたため、膝が痛くなりました。その後、シップで冷やす、お灸をすえる、肩こりなどに使う細かい周波を当てるなど試みています。しかし、2週間たっても痛みがとまらないらしいので気がかりです。本人は超メタボで体脂肪率43%です。そもそもの誘因はそこにあると思うのですが、どのように働きかけたら、よい方に向かうのか教えて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。

仰る通り、ご主人のお歳で体重超過となると、変形性膝関節症のリスクは高いと思われます。
ただ、今回のエピソードに関しては、半月板損傷をはじめとした膝関節内の軟部組織の損傷が起きている可能性が高いと思われます。

関節内の損傷に湿布は無効ですし、お灸や低周波治療は逆効果になる可能性があります。
MRIが撮れる規模の総合病院の整形外科を受診され、膝の状態を精密に調べてもらい、診断に応じた治療を受けられる必要があるでしょう。半月板損傷の場合は、根治療法としては手術しかありません(内視鏡手術ですの3日程度の入院で済む場合がほとんどですが)。

「働きかけ」ですが、今後のことも考えると減量は必要です。自己流で体重を減らそうとしてもなかなかうまくいきませんから、病院で管理栄養士の指導を受けて食事療法と運動療法を受けられるのがよろしいかと存じます。
総合病院の受診をお勧めしましたが、体脂肪率43%ならば恐らく高脂血症その他の代謝性疾患もお持ちでしょうから、その検査もしてもらい、医師から減量の必要性を説いてもらうのがよいのではないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。

【参考サイト】
半月板損傷
http://health.merrymall.net/cb07_07_hangetsuban.gif
http://homepage2.nifty.com/topks/newpage4.htm

変形性膝関節症
http://www.richbone.com/kansetsu/ill/ill.htm
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございます。なにぶんにも本人が受診するものなので、もし、このまま放置するとどんなリスクが考えられますか?
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

診断が変形性膝関節症だとした場合、次第に進行し、半月板損傷、軟骨の摩耗、ついには脛の骨と大腿骨がクッションなしに直接ぶつかり合うようになって激痛を呈します。
結果、歩けなくなり、さらに体重が増し、荷重される膝の変形は進み……という負のスパイラルに陥るでしょう。

最終的な転帰は人工膝関節への置換手術ということになります。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問