JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

36歳の娘が妊娠6か月です。つわりが終わったころから、お腹が痛いと言い出し、受診するとお腹が張っているとのことで、安

解決済みの質問:

36歳の娘が妊娠6か月です。つわりが終わったころから、お腹が痛いと言い出し、受診するとお腹が張っているとのことで、安静に過ごし薬を服用しています。ここ数日腰まで痛みが有り、心配になってきました。娘が3か月検診の折、臼蓋形成不全と診断され、経過治療を小学生に行っていましたが、良好ということで終わりました。
 この時期でもしかして臼蓋形成不全ではないかと、不安があり質問させていただきました。すぐ整形に受診したほうが良いでしょうか?レントゲンを撮るのは大丈夫なのか心配です。娘は宇都宮、私は愛知県と離れていますが、愛知に4時間かけて移動は可能でしょうか?安静にしているため旦那様に迷惑かけているので、こちらで面倒みたいのですが。よろしくご指導お願いします。 安本美佐子
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします。


こんにちは。猫山と申します。
妊婦さんは、何ごとも無くとも加重や骨盤の緩みで股関節痛を呈しますので、小児期の臼蓋形成不全との関係をとりたてて気にされる必要性は低いのではないかと考えます。
妊娠6ヶ月ならば、放射線量に留意すればレントゲン検査は可能です。
股関節痛が妊娠に伴うものなのか、臼蓋形成不全が関与しているのか(この場合は変形性股関節症が疑われることになります)、鑑別が必要かもしれませんが、整形外科を受診される前に産科の主治医と相談されるべきでしょう。

移動についてですが、どのような移動手段を考えられていますでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
移動は新幹線が一番便利かと思います。産科の先生は今は安静中なので、移動は無理と言われています。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

すでに産科主治医に相談されて移動が難しいと告げられているのであれば、この時期の里帰りは避けられた方がよろしいでしょう。

相談者様が宇都宮に滞在されてお世話をするのは難しいのでしょうか?
何らかの方法で、心理的・身体的な負担は軽減して差し上げた方がよいだろとは考えます。

整形外科への受診についても、上述のように、産科主治医とよく相談されてから決められてください。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
有難うございました。臼蓋形成不全が原因だとしたら、と思うとこれからも大変だと案じています。月曜日から宇都宮に行き産科の先生と相談してきます。娘がやっと妊娠して喜んでいるのに、早く痛みが取れ快適な生活ができるよう、努力したいと思っています。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
そうですね。4時間の移動は相談者さまにとってもご負担でしょうが、今はそのやり方の方がよろしいかと存じます。

臼蓋形成不全はほとんどの例で自然治癒します。お嬢様も小学生時にフォローアップで問題はないとされていたとのことですから、今回の腰痛は妊娠によるものである可能性が高いと考えます。

ご快癒を祈念しております。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問