JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左脚のももが痺れ、時々寝起きにつり、痛いです。前に帯状疱疹をやった場所でもあります。 前立腺肥大の為のアボルブカプ

解決済みの質問:

左脚のももが痺れ、時々寝起きにつり、痛いです。前に帯状疱疹をやった場所でもあります。
前立腺肥大の為のアボルブカプセルを服用しています。更に前に痛風をやり、尿酸値を下げる薬やコレストロール薬も服用しています。これ等が影響しているのでしょうか?血流の問題でしょうか?
お答えをよろしくお願いします。 神奈川県在住 タドコロ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

大腿の痺れが生じる場合、ご懸念のような血管性の病態と、神経性の痺れの2つの原因を考える必要があります。

少し補足情報を下さい。

①腰痛はおありではありませんか?

②左足に変色やむくみ、冷感はありませんか?

③痛いのはふともも全体でしょうか? 前面がしびれやすいとか、裏面(お尻の側)がしびれやすいといった傾向はありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

腰痛はありません。変色・むくみ・冷感は特にありませんが、多少感覚がにぶく、重い棒が入っているようです。痛いのは攣った時です。酷いのは月に数回です。


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

お尻の痺れはなく、内ももの付け根から膝にかけてです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

変色・むくみ・冷感が無いのであれば、血管性の病態は否定的であると考えます。

腰椎による神経圧迫による症状である可能性が高いと思われます。脊髄から、腰椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、足の痺れや痛みが現れることがあります。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~fureai89/sinkei_shogaibui.gif

神経根圧迫の有無を知るためには腰椎のMRI検査を行う必要があります。
内ももの付け根から膝にかけて」の痺れということですから、予想されるのは第2、第3腰髄神経(L2~3)の圧迫です。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/awco/derm-lx-col-2_R.jpg

脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

適切なご回答有難うございました。早速対応させていただきます。


神奈川在住 タドコロ

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問