JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

現在、通風の症状がでてて、以前は何件か病院にもいったのですが、「ちょっと様子をみましょう」とか、「なってしまったらも

質問者の質問

現在、通風の症状がでてて、以前は何件か病院にもいったのですが、「ちょっと様子をみましょう」とか、「なってしまったらも薬でコントロールするしかない」といったような答えで、根本的な治療にならず、専門的な病院を検索したりすると、近いところにはなくて、治療法なども検索したりしてるのですが、いろいろありすぎてどれがいいのか。どうしたらいいものか、といった感じで、ここ数年、発作がでたりひっこんだりの状態です。相談できる場があったので、お話聞ければと思ったのですが、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

そうしますと現在は受診されていないんですね。
内科のかかりつけの先生はおられますか。
痛風は内科の先生でもみてもらえますよ。
さて、お薬は何を飲まれていますか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
現在は、クリニックにはたまに痛み止めの薬をもらいにいくだけです。
かかりつけという感じではないですが、

診てもらったのは全部内科です。

通風でネット検索してたら、こちらにたどり着いたのですが、よくみたら整形外科なのですね・・・

薬はケンタン錠とセループカプセルという名前のものです。

痛み止めだということですが。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

そうなんですよ。
整形外科で投稿されていたので。

ケンタンは、ロキソニンですよね。
確かにこれは非ステロイド性抗炎症鎮痛薬で すから痛風系統の痛みにはよく効きますし、胃を荒らすことが副作用なのでセループカプセルをいっしょに服用されているということなんですね。

痛風の高尿酸症の治療にアロプリノール=ザイロリックを使う場合が多いのですが、あなたの場合は適応にはならないのかぜひ主治医とお話していただきたいですね。
尿酸値をあげないように、ふだんから避けておきたい食べ物もご存知だとは思いますが予防は大切ですので気をつけられてくださいね。

ご質問がもっとおありだと思いますので何でも納得の行くまで聞いてください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
このまま整形外科でお話し聞いても大丈夫なのでしょうか?

痛風の高尿酸症の治療での薬、最初は処方されました。

名前を忘れてしまったのですが、尿酸値をさげるための薬だったと思います。


ただ、その薬を一生飲み続ければならない、

基本、治らない症状だから、ということだったので、

薬に支配される西洋医学的な感じに嫌悪感を抱きました。


根本的治療にはどうするべきか、

医者からの明確な話は聞けず対処療法しかないのでしょうか?


避けておきたい食べ物も、検索したWEBや書物ごとで、統一されてないところもあって、どれが正しいのかわからなくなってます。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
かまいませんよ。
このまま続けて下さい。

私は精神科医ではありませんので精神科の専門的なご質問には対応しませんが一応全科の患者さんを診察していますのでだいじょうぶです。
何でも聞いてくださいね。

アロプリノール=ザイロリックをおそらく服用されていたんでしょうね。
それが一般的な治療法ですし、それは高尿酸症の一般的な治療法でずっと飲み続けることになります。
それによって尿酸がたまるのを防ぐのですから予防にはなりますね。
通風は専門医がたとえ治療しても同じような治療法になります、残念ながら。

さて今現在かなり痛いのであればお勧めしたいのはインドメタシンという抗炎症薬です。
いろいろな薬剤会社から出ていますのでお薬の名前はいろいろありますが検索されてみて下さい。ただし処方箋が要ります。
ケンタンもいいですが、私は患者さんに急に痛む、炎症度が強いときにはインドメタシンを使います。
またほんとうに強い痛みや腫れがあるときはステロイド=プレドニンを使うこともしますがそれは稀ですし、麻薬系のコデインなどの強い鎮痛剤を使って乗り切ることもあります。

ダイエットに関しては混乱されているのですね。
プリン体を多く含む食品といいますとだいたい決まってきますよ。

http://tufu.m2-navi.com/food/ichiran.htm


この中から数値の高いものを避けたらいいと思います。
あまり混乱されるより、このような表を参考にされて下さいね。

さて西洋医療に嫌悪感を?
それでは東洋医学の専門医を訪ねられたらどうでしょう。
納得の行くように試されたらいいと思います。

https://www.jsom.or.jp/jsom_splist/listTop.do


このサイトからお近くの漢方専門医を探されるといいですね。
根本的に治す治療はまだ確立されていないです。
今後の医学の発達に期待するだと思います。

ご質問がございましたら書き込まれて下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
西洋医学に疑念を持ってるのは、

自分の父(糖尿病)での治療を見ていてのこともあるかもしれません。薬でしかコントロールできないこと、飲み続けること、それは漢方も一緒でした。


まあ、それはいいのですが、

自分の場合、

以前、このようなクリニックを検索でみつけたのですが、

東京まで通うのは難しいのですが、


http://www.clinic-hygeia.jp/embarrasses/13.html


ここのページにかかれているようなことは、

どうなのでしょうか。


いろいろなタイプの医師がいるかと思うので、

一概には言えないかと思うのですが、


書かれているようなことは、理想にも見えるのですが、

理想と現実というか・・・


専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
こういうのってどうなんでしょう。
理想的な理念ですね。
あなたの思っておられるようなことが確かに書かれています。

どれくらいに治療効果があるのか統計的なものがあればいいんですが。。。
しかし保険も効かない?ような。。。

これに関しての私の意見は控えさせていただきます。
ほんとうにあなた次第ですね。
私はこのような治療をしないグループに含まれる医師ということになりますが、読んだ限りでは理想的ですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
結局そうなんですよね。。。
お手数おかけしました。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
こちらも、あなたとお話しする中で学ぶことがありました。

いつも私が治療している経験上のことを中心にお話しましたが、実際のところは別のやり方もあるということなんですよね。

あなたの納得に行くようにまずは漢方専門医を受診されたらいかがですか。
お近くにきっと見つかるはずですし。
でも今痛くて炎症を起こされている状態ですからまずはこれをお手持ちのお薬で乗り切られてくださいね。

お大事になさって下さい。
ご快癒をお祈りいたしております。

整形外科 についての関連する質問