JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

石灰沈着性腱板炎が慢性化していて今回腱板断裂も伴いました  医師には関節鏡手術を勧められています 手術は簡単といわ

質問者の質問

石灰沈着性腱板炎が慢性化していて今回腱板断裂も伴いました  医師には関節鏡手術を勧められています
手術は簡単といわれましたがやはり心配です   でも今後再発する可能性が大きいといわれました
やはり手術が最善の方法なのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

さて、今回腱板断裂も伴っているということですよね。
どれくらいの断裂なのか教えてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
どれくらいかわかりませんが MRIをみたところ石灰物と同じくらいです
質問者: 返答済み 5 年 前.
どれくらいかわかりませんが MRIをみたところ石灰物と同じくらいです
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
今まで保存療法で治療をされてきたとは思いますが、肩の関節痛や運動障害はどれくらいのものでしょう。
手術が必要かどうかはそれ次第のように思いますが。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事を待ちましたがないようですのでこのまま続けさせていただきますね。

石灰沈着性腱板炎が急性ならば針を入れて石灰を吸引したりできますが慢性化しているとしたらその方法は取れませんね。
ほとんどの場合は肩をつったり、ステロイド注射や、消炎鎮痛剤の内服等でよくなるものなのですが、きっとそれにも拘らず石灰の部分が硬くなっていて肩が動く時に痛みがあったり炎症が強く出たりしているのでしょう。
保存療法に対して痛みが取れなくて強い場合、そして運動障害が強い場合は手術、しかたがないですね。
手術で石灰を取るだけですから簡単な手術ですよ。
断裂は大きくないならその部分はさほど問題にはならないでしょう。

手術後はリハビリですね。
肩を温めたり運動療法を行います。
肩は動かさないでおくとすぐに拘縮してしまいますので。

 

今後は再発する可能性が高いとは言え慢性化するまで放っておかないで急性のうちに治療するようにすればいいので定期的にフォローアップをされることをお勧めします。

整形外科 についての関連する質問