JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。昨年の7月に交通事故に遭い、左膝の剥離骨折をしました。通院した病院では骨はくっついているのでもう治療は

解決済みの質問:

はじめまして。昨年の7月に交通事故に遭い、左膝の剥離骨折をしました。通院した病院では骨はくっついているのでもう治療は必要ない。と言われ、治療を終了したのですが膝に痛みも有り日常生活にも支障があります。
痛みはズキズキ。膝がガクガク、膝に体重が掛かると痛みがある。
骨折した後はこんな感じで痛みがずっと残るのでしょうか?
回答、よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①膝のどの部位の剥離骨折でしょう? 大腿骨側でしょうか? 脛骨側でしょうか? 関節面ですか?

②どのような治療が行われたのでしょう? 手術はしていないと理解してよろしいですか? ギプス固定後、リハビリテーションは行われなかったのでしょうか。

③どのような検査を受けられましたか? 膝のMRIは施行されているでしょうか。

④差支えなければ相談者様のご年齢を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は朝以降になってしまうかもしれません。ご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山さま

相談者のかじこと申します。

早速の回答ありがとうございます。

情報不足で申し訳ありませんでした・・・

補足の回答

①診断書には『左脛骨内顆剥離骨折』と記載されています。(達筆過ぎてあまり判断が付かないのですが)

②治療は特になにもしておらず、手術はしていません。

リハビリは電気による膝周辺筋肉の刺激、マイクロ波での温め、器具により屈伸運動訓練を行っていました。

③検査内容についてはレントゲン、CT検査を行いました。

④現在41歳です。

1年近く経った今も事故の処理が終わらない上に痛みも残って日常生活にも支障が出て

おり精神的にもかなり参っています。

お忙しいところ申し訳ありませんが、回答よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

自発痛があり、荷重するとさらにその痛みが増し、膝関節の不安定があるというのは、脛骨内顆剥離骨折だけでは説明が付けがたい症状であるように思われます。

質問を重ねて恐縮ですが、

①整形外科(ですよね?)の主治医は、相談者様の現在の状態について、どのような説明をされていますか?

②なぜMRIではなくCT検査しか行われていないのでしょう? 治療を受けられた病院にMRIが備わっていないのでしょうか?

③膝関節の半月板、軟骨、靭帯に損傷や断裂は無いのでしょうか。

④そもそもどのような事故だったのでしょう?

⑤交通事故なので保険会社が間に入っていて、医療費の支払い等、通常の保険診療とは異なっていると思いますが、これから他院を受診されてセカンドオピニオンを受けることはできそうでしょうか。

以上、再度確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山様

返信ありがとうございます。

色々と情報が足りず申し訳ありません。

整形外科の説明

①怪我をして脚を動かさなかったので膝周辺の筋肉が落ちて、関節が支えられない。

その結果、膝に負担が掛かり痛みが出ている。加齢のせいで膝の軟骨が磨り減っている。

との説明でした。

②CTとレントゲンだけでMRIは必要ないと言われ、撮っていません。

③CT、レントゲンの結果 半月板、軟骨、靭帯に損傷や断裂はないだろう。との診察でした。

④ドラックストアに入ってくる車と衝突。

私は静止状態(立っていた)で左前方から車に衝突された。

車のバンパーが左膝外側に当たり、跳ね飛ばされた。

⑤保険会社には自賠責保険の後遺症認定の申請を依頼した時点で医療費の支払いは

してもらえないようです。先日もっとも低い等級の14級と連絡を受けました。

なんだか納得いかないのでこちらで相談の上、自費でセカンドオピニオンを受けた方が良いさそうなら受けたいと思っています。まだ、示談はしていません。

補足情報:事故後、膝が腫れて血を抜きました。30cc

回答よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

何度も情報リクエストにお応えいただきありがとうございます。

結論から申し上げると、セカンドオピニオンを受けられた方がよろしいかと存じます。

「脚を動かさなかったので膝周辺の筋肉が落ちて、関節が支えられない。その結果、膝に負担が掛かり痛みが出ている。加齢のせいで膝の軟骨が磨り減っている」という整形外科診察医の説明は、そこそこ「それらしい」とは思いますし、私も部分的には同意です。最初に「ギプス固定後、リハビリテーションは行われなかったのでしょうか」と確認させていただいたのはそのためでもあります。

ただ、受傷前の筋力まで戻すためにリハビリテーションを行うのであって、現在も関節が支えられていないのであれば、リハビリテーションが不十分であったことを意味します。
また、加齢による膝の軟骨が磨り減りは誰にでも起こる生理的変化ですが、事故後にはなかった痛みが事故後に現れていることをうまく説明する理由にはなりません。

まだお若いですから、1ヶ月半程度のギプス固定によって「膝がガクガク」になるほど筋肉が衰えるとは考えがたいところがあります。

受傷機転から考えると、膝を支える4本の靭帯(内・外側側副靭帯か前・後十字靭帯)のいずれかの断裂や部分断裂、半月板損傷の合併を考えて然るべきです。
また、骨折自体が本当に剥離骨折であったのかどうかも疑問を持たざるをえません。プラトー骨折と呼ばれるものである可能性もあったのではないかと思われるのですが……。

【高原骨折(プラトー骨折)について】
http://kojimatomio.web.fc2.com/kennkou/kossetu/purato/puratotoha/puratotoha.html

CTの性能も向上してきていますが、色々な角度で対象部位を見ることができるMRIにはまだ敵うものではありません。相談者様の場合、関節内視鏡による関節内の状態評価が必要かもしれません。

膝関節は一生ものですから、MRIを備えていて、膝関節の内視鏡手術が可能な膝の専門性が高い整形外科を受診されてセカンドオピニオンを受けられるべきかと存じます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問