JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

6月23日頃から右の内側膝の痛みを覚え、27日の夜勤勤務では激痛となってしまい、近くのスポーツクリニックを受診しまし

解決済みの質問:

6月23日頃から右の内側膝の痛みを覚え、27日の夜勤勤務では激痛となってしまい、近くのスポーツクリニックを受診しました。MRIを受け診断の結果、骨壊死と半月板損傷ということでした。診断名にただ驚くばかりでした。治療としては、まず減量・下肢の筋力をつけるように言われ、自宅で行うリハビ リメニュー表を頂き、松葉杖で自宅に帰ってきました。一週間が過ぎ1キロ減量しました。リハビリもしていますが、この方法で大丈夫なのか心配にもなってきますし、いろいろな情報を見ていると、手術(高位脛骨骨切り術)を行ったほうが、治りが早いというのを見ました。リスクはあると思うのですが、私の場合はそういった手術の対応になるのでしょうか。
 
職業は看護師・53歳・女 です。 早めの職場復帰を考えています。右膝はふつうに屈曲できます。松葉杖で歩く時は痛みはありません。荷重で数歩めに痛みがきますが。その手術の事は主治医の先生は何も言われませんでした。よろしくお願いします。
                                          福岡県在住 たぬたぬ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

膝関節骨壊死症は、いわば骨の梗塞です。基本的には保存的治療が行われますが、壊死の範囲が大きくて、関節面が陥没した症例では高位脛骨骨切り術が行われることがあります。
ただ、これはこれで大きな手術ですので、職場復帰が早まるかどうかは何とも判じかねます。

ご記載からは壊死の場所やサイズの情報が得られませんので、「私の場合はそういった手術の対応になるのでしょうか」というご質問に対して明確に回答することは困難ですが、MRIを撮り、膝関節骨壊死症の診断を付けた医師(初期の骨壊死の場合、レントゲンだけ撮って異常をみつけられず、変形性膝関節症と誤診する整形外科医が少なくありません)が保存的治療を選び、手術について何も言わなかったということは、相談者様の膝関節骨壊死症+半月板損傷は少なくとも現時点において手術適応ではないと考えられるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問