JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2~3ヶ月前くらいから、左足甲の中指~小指ぐらいの範囲が足を動かすとしびれます。 また、触ってもちょっと皮膚の感覚

解決済みの質問:

2~3ヶ月前くらいから、左足甲の中指~小指ぐらいの範囲が足を動かすとしびれます。
また、触ってもちょっと皮膚の感覚がないような感じです。
原因はなんでしょうか?
診察は、何科の医療に行けばよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

足の痺れに関しては、神経の障害と血管の障害を考えなければなりませんが、皮膚変色や 冷感が無いのであれば、神経の問題と考えてよいでしょう。

神経学的な診察では、下流から上流(末梢神経から中枢神経)にさかのぼって検査を行います。

「左足甲の中指~小指ぐらいの範囲」が痺れるとなると、この範囲の知覚を司る末梢神経である中側足背皮神経の障害が疑われ、これは合わない靴を履くなどして末梢神経の圧迫が生じた場合に起こることが多い感覚障害です。

その中側足背皮神経は腓骨神経という太い末梢神経の枝ですので、この腓骨神経の障害としてご記載の症状が起こることもありえます。
これは、膝関節の外側で腓骨神経が圧迫されることで起こります。

また、腓骨神経はさらに、腰椎の4番と5番の間から出る神経根から生じた枝ですので、腰椎のすべり症やヘルニアなどでも足の甲の痺れは生じます。

もちろん、脳梗塞などがあっても足の局所的な感覚障害が起こりえます。

相談者様のご年齢も考慮すると、確率的には、足の甲の神経~腰椎の問題である可能性が高いと思われます。

神経内科か整形外科が受診すべき科ですが、神経内科がある病院は少ないので(すいません)、整形外科を受診されるのがよいでしょう。
ただ、いずれにせよ、MRIが撮影できる規模の病院を受診されておいた方が間違いがないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問