JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

初めまして! 大阪府在中の堤之です。現在会社で事務の仕事をしております。年齢は64歳です。 昨年10月12日にウオ

質問者の質問

初めまして! 大阪府在中の堤之です。現在会社で事務の仕事をしております。年齢は64歳です。
昨年10月12日にウオーキング中に左足を前にお尻をつき滑ってしまい、立つ事も出来ず、家族を呼び、二人に抱えて貰い帰宅しまし た。激痛で夜も眠れず、13日に病院へ行き、診察を受けましたが、レントゲンの結果異常なしの診断結果で、松葉杖を渡され2か月過ごしました。今年の1月中旬に夜トイレに起き、階段の上り状態で又激痛がはしり、動けなくなりました。病院を変え診察を受けた結果左足裏の骨折、半月板損傷と言われ、装具を装着4月20に装具を外しリハビリをしながら現在に至っておりますが、平坦な道は問題無く(短時間)歩行出来ますが、未だ段差の有る処、階段が交互に足を出せません。
右足で登り左足を運ぶ、又右足で登り左足を運ぶ、左足を軸に出来ないのです。左足を鍛える方法、又何時頃、階段の上り下り、小走りが出来る様になりますか? ご指導下さい。宜しくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

そうしますと故障した膝の方は問題はなく、足に問題があるということでしょうか。
昇り降りの際に一番困るのは足のどこでしょう。
詳しく場所を示していただけませんか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答有難うございます。

 

左足の膝の関節全体(とにかく又カックン)と音がして、激痛が来るのではと、恐怖が有り

進めません。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
なるほど。

それでは問題は膝なんですね。

そうしますと半月板の治療が、おそらく間違いなく手術が必 要だと思います。

レントゲンを撮られたとは書かれていましたがMRIはまだですよね。
半月板損傷というのは厄介でして損傷が辺縁であってほんの少しであればあなたの受けられたように保存療法でうまく治るのですが、内部が損傷していますと栄養血管がそこまで到達しないので手術をしない限りは治りません。
あなたの場合はおそらく後者に当たると思います。

ですからMRIをとってもらえるような大きめの整形外科を受診されないといけませんよ。

もしMRIがもうお済みで私が的外れのことを書いているようでしたら指摘してくださいね。
ご質問がございましたら書き込まれて下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

MRIは済んでおります。MRIの結果は、リハビリ外来で治療をするように言われました。

 

リハビリのある外来で治療中ですが、5か月余り経過しております。

 

今後、何時頃まで今の状態が続くのか?良くなる可能性があるのか?

 

回答をお願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

MRIは済んでおります。MRIの結果は、リハビリ外来で治療をするように言われました。

 

リハビリのある外来で治療中ですが、5か月余り経過しております。

 

今後、何時頃まで今の状態が続くのか?良くなる可能性があるのか?

 

回答をお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
最後のMRIはいつでしたか。

リハビリのあとのMRIは?
つまりかくっとなった時以来、MRIは撮られたのか知りたいのですが。
質問者: 返答済み 5 年 前.
はい ! MIRは撮りました。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
分かりました。

ということはかくっとなった時に一枚、そしてリハビリ後も撮られているんですよね。

半月板損傷を保存療法で治療するとなると意外と時間はかかります。
焦らないでください。
保存療法を選ばれていますからおそらく大きな損傷ではなかった のでしょう。
私なら歩かれる時に常時膝のサポーターは装着すると思います。
おそらくあと数ヶ月はかかるでしょう。
が、根気良くリハビリを続ければ徐々に左足を軸に昇り降りができるようになると思います。
このお答えはMRIに明らかな異常が今の段階でないということを前提にしています。

理学療法士の指導のもと大腿四頭筋やハムストリングスのストレッチングや筋力強化訓練を続けましょう。

整形外科 についての関連する質問