JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

土居と申します。 66歳、男子です。 もうかれこれ1年になりますが、両足の先(親指と拇指球の間から第3指の間ま

解決済みの質問:

土居と申します。 66歳、男子です。

もうかれこれ1年になりま すが、両足の先(親指と拇指球の間から第3指の間まで)に圧力が掛ると酷くいたく、また、圧力をかけないで親指の腹に触ると、ビリビリする状態で、歩くのもままなりません。 右足と左足を比べると、右の方が症状がひどく、右足の方がよりむくんでいる状態です。(靴を履くとき右靴の方がきつく感じjます)

今まで、3軒の整形外科と2軒の皮膚科に診てもらったのですが、整形ではレントゲンで骨の位置等をチェックし、問題ないとのことで、また、MRで腫瘍をチェックしたのですが、特記する所見はないとのことで、病名・鎮痛が分からずでした。 また、皮膚科では、自分らの領域ではないとのことでした。

何所にかかればよいのでしょうか?  また、鎮痛剤はないのでしょうか?

なお、現在、パーキンソン病にかかっております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

受診されるべきは整形外科か神経内科でしょう。
//f01.justanswer.com/ref/http_www.siseikai.net/general/su2_diary/4_3.jpg相談者様が痛みを感じられているのは、内側測定神経の支配領域に一致しています。

残念ながら特効的な治療法はありません。
装具の使用による足首関節を固定する装具の使用を検討されるべきでしょう。
http://merckmanual.jp/mmpej/sec04/ch043/ch043k.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答、有難う御座います。

特効的な治療法はありませんとのことですが、とても残念です。
早速、神経内科を受診したいと思います。

回答に、足首関節を固定する装具の使用を検討せよとありますが、現在足首には何の痛みも無いのですが・・・そのあたりのメカニズムを教えていただけると幸いです。




専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

まず誤変換がありました。「内側測定神経」ではなく、「内側足底神経」です。
訂正してお詫びいたします。

多くの場合、内側足底神経障害は母趾外転筋による圧迫によって生じます(絞扼障害)。

ジョギング愛好者、マラソンランナーに多く起こることから、「ジョガーズフット」の異名がある障害です。

もしくは、足根管症候群という病態(くるぶしの下にある屈筋支帯による脛骨神経圧迫)によって内側足底神経障害が起こる場合もございます。


このように、内側足底神経は、足首の様々な筋肉や靭帯でできたトンネルを通過する脛骨神経やその枝の圧迫なので、足首関節を固定し、この神経が刺激を受けないようにすることで症状の改善を期待します。
また、外科的手術によって圧迫を開放できる場合もございますので、予想される効果が手術のリスクが見合うようであれば、神経内科から整形外科を紹介してもらい、手術適応の有無を確認いただくのがいいでしょう。

最後に、回答し忘れていた項目がありましたので、遅まきながら。
> また、鎮痛剤はないのでしょうか?
上述のように内側足底神経が圧迫されることによる痛みですから、通常の鎮痛剤は効きません。末梢神経の再生を促すビタミンB12や、末梢神経障害性疼痛に効果があるとされる「リリカ」というお薬が有効な場合がございますので、これも神経内科で相談されてみてください。

装具の使用による足首の安静+薬物療法による経過観察⇒効果がはかばかしくないようなら手術の可能性を検討、という流れになると思われます。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問