JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

宮城在住の50歳男です。5月11日右手甲、当日深夜右足の甲かかと等が痛みだし歩行困難。5月13日救急搬送の上入院 血

質問者の質問

宮城在住の50歳男です。5月11日右手甲、当日深夜右足の甲かかと等が痛みだし歩行困難。5月13日救急搬送の上入院 血液検査の結果、蜂窩識炎+痛風発作(の否定できず)との病名 抗生物質を日2回、ロキソニンの錠剤日3回服用の治療で7日(左足と左ひざにも転移)ほんの少しずつ痛みは和らいできてましたが歩行できず。7日後の血液検査の結果、炎症反応は引いてきているが肝機能が落ちている。 8日目ぐらいから点滴をやめ、プレドニンとロキソニンの錠剤の服用を現 在も続けています。6月4日の血液検査の結果、炎症反応が無くなっているとのことで、痛風の治療としてアロシトール錠剤(30日分)の服用をその日よりはじめました。退院は6月6日にしましたが、痛みが引かずどうにか松葉つえを使って生活しています。最寄の内科病院への紹介状はいただきましたが、専門の先生に見ていただいたほうがいいのか、このまま様子を見たほうがいいのか迷っています。今までは病院での治療はしたことがありません。痛風のような発作は10年前ぐらいから5回ぐらいはありましたが、歩けなくなったことはありませんでした。お答えのほうよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①現在のじ状況としては、蜂窩識炎は治り、痛風の治療を開始したところだと理解してよろしいでしょうか。

②現在、痛む場所を教えて下さい。

③尿酸値はどれくらいなのでしょうか。

④過去の痛風らしき発作で痛んだのはどこでしたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

よろしくお願いいたします。

①蜂窩識炎だったのかあまりよくわかりません。特に体に傷などや虫刺されなどはありません。ただ、この症状の二日前までは温度差アレルギーの鼻炎で扁桃腺がはれ2日ほど痛みで眠れませんでした。そのため、アレグラ・ロキソマリン・セフジニル錠を5日ほど服用していました。

②歩くときに右足の甲とくるぶし・左足の甲が痛みます。腫れと熱はほんの少しその部分にあります。③尿酸値は確認していません。④左右、足の親指の付け根・足の甲・ひざで、痛いときはそれらのうち1か所でした。

質問者: 返答済み 5 年 前.

よろしくお願いいたします。

①蜂窩識炎だったのかあまりよくわかりません。特に体に傷などや虫刺されなどはありません。ただ、この症状の二日前までは温度差アレルギーの鼻炎で扁桃腺がはれ2日ほど痛みで眠れませんでした。そのため、アレグラ・ロキソマリン・セフジニル錠を5日ほど服用していました。

②歩くときに右足の甲とくるぶし・左足の甲が痛みます。腫れと熱はほんの少しその部分にあります。③尿酸値は確認していません。④左右、足の親指の付け根・足の甲・ひざで、痛いときはそれらのうち1か所でした。

質問者: 返答済み 5 年 前.

よろしくお願いいたします。

①蜂窩識炎だったのかあまりよくわかりません。特に体に傷などや虫刺されなどはありません。ただ、この症状の二日前までは温度差アレルギーの鼻炎で扁桃腺がはれ2日ほど痛みで眠れませんでした。そのため、アレグラ・ロキソマリン・セフジニル錠を5日ほど服用していました。

②歩くときに右足の甲とくるぶし・左足の甲が痛みます。腫れと熱はほんの少しその部分にあります。③尿酸値は確認していません。④左右、足の親指の付け根・足の甲・ひざで、痛いときはそれらのうち1か所でした。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

少し混乱しております。
相談者様のご質問は、最初のご質問文の「専門の先生に見ていただいたほうがいいのか、このまま様子を見たほうがいいのか迷っています」という部分なのだと理解しております。

しかしながら、「蜂窩識炎だったのかあまりよくわかりません」、「尿酸値は確認していません」というのでは、「専門の先生」というのはどの診療科の医師のことを指されているのでしょうか?

重ねての情報リクエストで恐縮ですが、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

御返答ありがとうございます。

蜂窩識炎の判断は、血液検査の結果炎症反応の数値が痛風発作の数値よりかなり高かったたためなようでした。尿酸値は高かったためアロシトールを30日分処方していただいたと判断しています。自分としては現在の痛みは痛風発作のような気がするのですが、発症してから24日たつのにまだ歩行がままならなく会社にも行けませんので焦っています。

専門の先生とは、痛風、リウマチ、膠原病等に詳しい内科の先生です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。
了解いたしました。

痛風は内分泌・代謝疾患であり、リウマチと膠原病は自己免疫疾患です。この2つの領域の専門性を兼ね備えている内科医はあまり多くありません。

公益財団法人痛風財団のホームページから、都道府県ごとの痛風協力医療機関が検索できます。

【痛風協力医療機関】
http://www.tufu.or.jp/treatment/medical_institution.html

幸いなことに、宮城県で痛風協力医療機関になっている病院はどれもリウマチ、膠原病を扱うようですので、もしこれらの病院が椎院可能範囲内にあるのであれば、このいずれかを受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問