JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 なかなか治らなくて、悩んでます。 二か月ほど前、小6の娘が体育の50M走で左のお尻の付け根辺りに

質問者の質問

はじめまして。
なかなか治らなくて、悩んでます。
二か月ほど前、小6の娘が体育の50M走で左のお尻の付け根辺りに激痛が走り、その日は階段も上がることができなくなりました。
ミニバスケットチームに所属しており、その日のうちに、コーチの紹介で接骨院に行き、テーピング、マッサージ、電気をし、階段の上り 下りは可能になりました。
接骨院では、靭帯を痛めたのでは・・と言われ、その後毎日、ストレッチと電気をかけに通っています。
レントゲンを一応取ってもらおうと思い、遠方ですが評判の良い、整形外科スポーツクリニックに一カ月ほどしていきましたら、ハムストリングの筋挫傷と言われ、週2~3回、針治療とアイシング、ストレッチに来てください。と言われ、今、4回ほど通院しました。(遠方なので週1回しか通院ができません)
バスケの練習は一応、足を使わないように、配慮してもらってますが、この2カ月の間に2週間に1度のペースで試合があり、どうしても無理して出場しなければならない状況です。
学校では、6月末に運動会があるため、走ることが多く、リレーの練習などで見学もできない状況です。
短距離走も、徐々にですが、タイムが戻ってきてますが、フォームがおかしくなっているようで、激痛がまだあります。
どうしても、無理をしないといけない状況ばかりで、なかなか痛みがとれないので、何かサポーターなどしたほうが、多少は楽になるのでしょうか。接骨院では、テーピングはいらないといわれて、一か月以上なにもしていません。
お風呂上がりのストレッチや食事も気をつけているのですが・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
月に1回から2回、各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

実のところ、お子様に関する類似の質問はこのサイトにはたくさん寄せられます。
http://www.justanswer.jp/plastic-surgery/6m1xd-3-2010-5.html
http://www.justanswer.jp/medical/6kau4-.html
http://www.justanswer.jp/plastic-surgery/5x67w-.html
http://www.justanswer.jp/medical/5x5g8-.html

われわれ専門家の回答は常に「治るまで休ませてください」ということになります。
これは医学的に100%正しい回答です。
しかし相談者様(患者様の親御さん)の中には、「そんなことはわかっているが、早く復帰させたいから相談しているんだ」と仰る方もおられます。

お嬢様の場合も、回答は上述のごとくです。
「なかなか治らなくて、悩んでます」とのことですが、ハムストリングの筋挫傷を起こしていて、「2週間に1度のペースで試合」に出場して、「6月末に運動会があるため、走ることが多く、リレーの練習などで見学もできない状況」で、「短距離走も、フォームがおかしくなっているようで、激痛がまだある」状況で、治るはずはないのではありませんか?
何も悩まれる必要はないでしょう。
受傷部位の安静を保たずに毎日のように酷使しているから治らないのです。

整形外科医の主治医に診断書を作成してもらい、運動会の練習も本番も見学とさせてもらい、ミニバスも治るまでは休部されてください。
ご本人の心情も、親御様の心情もわからなくはありませんせんが、現在の状況は療養環境としてはあまりに過酷です。
まだ先があるお歳ですから、少しだけ長い目で考えられて英断を下されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問