JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

2010年11月に大腿骨頸部を骨折しチタン2本により接骨しましたが。以来膝の痛みが退かず、2012年5月にMRI検査

質問者の質問

2010年11月に大腿骨頸部を骨折しチタン2本により接骨しましたが。以来膝の痛みが退かず、2012年5月にMRI検査をした所、骨頭壊死との事でした。人工骨頭と人工股関節、どちらを選択したほうが宜しいでしょうか。入院日数と術後のリハビリ期間はどのくらいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへん残念なことになりましたね。
せっかく骨折を治したと思ったら。。。

膝の痛みがひどいときは股関節の問題であるということが多いのですぐに検査するべきであったとは思いますがほんとうに残念です。

さて、股関節の問題は非常に専門性が高いです。
診察のできない、ましてやMRIの画像を見ることのできない私があれこれ提案するより、今の主治医がはっきり説明してくれないのであればやはり股関節の専門医にセカンドオピニオンをもらったほうがいいと思いますよ。

人工骨頭置換術と人工股関節全置換術の違いは受け皿部分にカップのようなものを埋め込むかどうかの違いです。
つまり、骨頭の受け皿部分が十分な形状を残しているか、カップをはめなくても大丈夫かで選択が違ってくるのです。あと軟骨の状態も見極めないと。
おそらくその違いは、そしてどちらの手術が適応になるかはMRIの画像からほぼ決められると思いますよ。

股関節の手術を積極的に行っている症例の多い病院を次に挙げてみますのでどうか参考にされて下さいね。

http://hip-society.jp/training.html




 


整形外科 についての関連する質問