JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

子供のころ 股関節脱臼でした。幼稚園に入って ひどい内股で歩き方がおかしいと周りから指摘され病院へ行きました。痛みで

解決済みの質問:

子供のころ 股関節脱臼でした。幼稚園に入って ひどい内股で歩き方がおかしいと周りから指摘され病院へ行きました。痛みでバスの階段も登れなかったり、走ると自分の足にひっかかりよく転んでいました。特に治療していません。昔から固い椅子に座るとカクンと骨が入った感じになります。屈伸でもカクンなります。 このときは痛みはありません。
20代はショーモデルをしていました。ここ2年ヒールで立ち仕事を始めて 半年前、足裏の広範囲の魚の目で歩くのもつらく病院に行きました。最近 膝と足首 股関節が寝ていても痛くて 鎮痛剤を飲んだり塗布しています。腰と首のヘルニアもあります。どんな座り方も痛く 立ち上がりが1番股関節が痛みます。
立っているのもつらく何かにつかまっていないときついです。

この痛みは ずっと前 長く座った後やマラソン大会や部活 ウオーキングレッスンの後に よくなった痛みに似ています。ここのところ2日働いただけで痛みで眠れません。病院に行けばよくなりますか?整体はいろいろ試しましたがまったく効きません。出産はしていません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

お伺いしたいことがいくつかあります。

現在おいくつでいらっしゃいますか。
子供のころ股関節脱臼だったとかかれていますね。
いつごろ発見されてどのような治療を受けられましたか。

首と腰に関しましては受診されたのは脊髄の専門医だったのでしょうか。
現在かかられているのは整形外科?
服用されているお薬があれば教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返信ありがとうございます。よろしくお願い致します。

私は現在43歳です。

脱臼が発見されたのは幼稚園の頃です。

きっかけは 足が痛くてバスの階段が登れない、ひどい内股で足を引きずるように歩く、よく転ぶなどでした。

病院に行きましたが 母の話では 股関節脱臼と言われたのですが、特に治療はなかったとのことです。(関節が弱いようで肩もよくはずれていましたし、中学の時から顎関節症もなっています。)

なので ひどい内股でX脚のまま大きくなりました。

体育でのマット運動やマラソンは足が痛くて大変つらかったです。

首と腰は杏林大学病院の整形外科でした。

現在はヘルニアに関しての痛みの対処としては、整体を転々としています。

最近では激しい頭痛で救急で頭部CT検査をして点鼻イミグランとマクサルトをもらっていますが 股関節、足の件では病院に行っていません。(大きな魚の目が化膿したときだけ行きました。)

なので相談の件では アメリカで買ったマイグリーンやロキソニン、塗り薬はフェルビナクのゲルを使っています。

病院に行っても検査をして手術になるだけなのでしょうか?

日常で気を付けることや してはいけないことはなんでしょうか?

ハイヒールや立ち仕事はどうですか?

よろしくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

股関節の脱臼が発見されたのが幼稚園とううことで何も特に治療をされなかったところに実は大きな問題があります。
股関節脱臼は発見が遅れますとほぼ100%大人になってから特に50代で関節変形症を起こします。
あなたの場合もうすでにそのようになっている可能性は高いです。
残念ながらハイヒールはダメで す。
立ち仕事も避けられるなら避けられた方がいいでしょう。
一生涯のおつきあいになりますからうまく共存して行く方法を取られないと先が長いですし、若くして人口関節なんていうのはなんとしてでも避けたいですから。

首と腰に関しましては最近は侵襲性の低い内視鏡による手術が発達してきています。
これは症状が進んでしまいますと適応にならないので、脊髄の専門医のセカンドオピニオンを取られることを強くお勧めしますよ。
股関節に関しましては股関節学会の専門医の評価も必要になるかと思います。
次の投稿でいくつかのURLをお送りします。
ペインクリニックの情報も入れておきますので疼痛管理を麻酔医によって行ってもらって下さいね。


docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
http://www.jssr.gr.jp/jssr_web/html/sick/index.html

http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html


http://www.jspc.gr.jp/member/prefectureselect.php?select_type=authorized
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
http://hip-society.jp/training.html

整形外科 についての関連する質問