JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

睡眠および静かにしているときしびれる。

解決済みの質問:

睡眠および静かにしているときしびれる。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

すこし補足情報を下さい。

①しびれるのは体のどの部位でしょうか。

②差し支えなければ相談者様の年齢を教えてください。

③持病や怪我の既往、常用薬があれば教えてください。

④今回ご相談の問題で既に医療機関を受診されている場合、そこでの診察結果や治療内容を教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

背中と足が静かにしているときしびれる。

女性67歳

薬わ飲んでいません

2年前に整形外科で後縦靭帯骨化症と診断されました。

7年前に子宮たいがんの手術をしました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

恐らくは後縦靭帯骨化症の影響(神経の圧迫)かと考えます。

後縦靭帯骨化症の発現部位は頚椎から胸椎にかけてでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

2年前の診断の時は手足のしびれは有りませんでした

背中の痛みはありました。

質問者: 返答済み 5 年 前.

2年前の診断の時は手足のしびれは有りませんでした

背中の痛みはありました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

後縦靭帯骨化症(OPLL)は進行性の疾患ですが、半数以上の患者様は数年単位で症状が変化しません。しかし、一部の患者さんでは、次第に神経障害が悪くなり、進行性の場合、手術を要することもあります。

相談者様の場合は、この2年間でOPLLが進行した可能性がもっとも高いと考えます。
通常は歩行時に症状が出現することが多いのですが、寝ているときに上下肢の痺れが出現することから、頚部に病変が広がっている可能性を想定します(枕の高さによっては、頚椎部位での神経圧迫が増すことがあるのです)。

2年前にOPLLの診断を受けた整形外科を受診され、再検査を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問