JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

三月終わり頃から腰痛があり無理して仕事した所ぎっくり腰になったと思っていたのですが、なかなか治らないどころか今はじっ

解決済みの質問:

三月終わり頃から腰痛があり無理して仕事した所ぎっくり腰になったと思っていたのですが、なかなか治らないどころか今はじっとしているだけで痛みがあります。
早く治そうとストレッチやヨガをして悪化した様です。疲労骨折でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

結論としましては、疲労骨折ではない可能性が大ですが、整形外科は受診された方がよりだろうと思います。

ぎっくり腰とは医学的な病名ではありません。
急激に起きる腰痛の総称であって、腰椎の捻挫、腰や骨盤の筋肉、筋膜、靭帯、軟骨の損傷などが含まれます。
ストレッチやヨガ、整体の有効性を頭から否定するわけではありませんが、ぎっくり腰にもいろいろな種類があるわけですので、まずは適切な診断を受けられ、少なくともそれまでは安静とクーリングを心がけるべきでしょう。

一方で、ぎっくり腰は、腰の骨(腰椎)そのものではなく、腰椎をつなぐ軟部組織の損傷ですので、悪化しても骨に問題は及ぶことは稀です。相談者様の場合、受傷後に安静を保たれなかったために、これらの軟部組織の損傷が悪化している可能性が高いでしょう。

ただし、失礼ながら、確かに女性ホルモンの低下にともなって急激に骨密度が低下してくるお歳でもありますから、「ぎっくり腰」が整形外科で受けた診断ではないのであれば、もともとぎっくり腰ではなく、腰椎の脊椎骨折をきたしていた可能性も否定はできません。

自発痛があり、日常生活にも支障をきたされているとのことですので、早期に整形外科、それも脊椎脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の脊椎脊髄病医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い治療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問