JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の77歳になる母ですが、昨年の暮れに垂れ下りがたの椎間板ヘルニアとなり、激痛で歩行困難になり、急きょレーザー手術を

解決済みの質問:

私の77歳になる母ですが、昨年の暮れに垂れ下りがたの椎間板ヘルニアとなり、激痛で歩行困難になり、急きょレーザー手術をしました。緩和されたものの、1週間ほど前からまた痛みが強くなり歩行困難になってしまいました。痛みが増すばかりで、今後どのような治療をしたらいいか悩んでいます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

お母様を実際に診察しているわけではありませんし、検査所見の一切も拝見していませんから、○○療法が良いですよ、という回答はできませんが、最善の治療法に近づくための方法については助言できると思います。

まず、今回レーザー手術を受けられた病院の主治医が脊椎脊髄専門医ならば、その主治医に引き続き診察を仰がれるべきですし、主治医が専門医でないならば、専門医を受診されてセカンドオピニオンを受けられるべきでしょう。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

専門家の意見を聞き、お母様の活動度や治療法の利害得失を検討したうえで、治療法を選択されるべきでしょう。
観血的手術から、保存的治療+ペインクリニックでの除痛治療までの範囲で治療方法を選ばれることになろうかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問