JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在小学5年生の女の子の事です。陸上クラブに入っているのですが、陸上は、週2~3回、空手(あまり練習はふざけ半分で本

解決済みの質問:

現在小学5年生の女の子の事です。陸上クラブに入っているのですが、陸上は、週2~3回、空手(あまり練習はふざけ半分で本気でやってない)週1回、ダンス(創作ダンスなので激しくない)週1回をしていたら、去年の秋は足首を痛がり、レントゲンでは、目だった異常は見られなかったものの、運動量が多すぎる為に無理がかかって、痛みが出ている。日常の歩行で痛みがなくなってから、2~3週間後、痛みがなければ、一つずつスポーツを1週毎に増やしていくように、医師に言われました。その時は結局3ヶ月間運動が出来ませんでした。今、春の大会に向けて練習が始まったのですが、はや2日目で同じ部位が走る時だけ痛いと言い出しました。負荷のかか りすぎだと思い、陸上休ませてほしいと親から申し出たのですが、指導の先生は、医者にかかってストップがかかったのならいいが、親が言ってるだけなら練習するように言われたと、子供が言っています。親的には、一様私も看護師しているのでレントゲンとったところで異常所見がでないように思う分、簡単に毎回エックス線を浴びさせたくはないし、休息とりながら痛みに合わせて続けていければいいなと思ってるのですが、学校の先生は理解してくれません。ちなみに、指導する先生は、スポーツ専門の先生ではありません。クラブも強制ではないと言いつつ、子供の気持ちは無視して半強制に近いです。常に怒っている先生なので、子供達は休みたいとも言えず、やめたいとも言えないようです。去年一つ上の女の子が陸上で山をジグザグで全力疾走で登り降りしていた時に、足をくじいたようで外果骨折を起こしていました。それに気がついたのは3ヶ月後の話で、本人もあまり自覚がなかったようです。聞くと同じ学年の子何人もの子が足が痛いと言っていたようです。このままで、この先生に指導してもらって続けてていいのか心配です。痛いからと言って、毎回医者にかかり、レントゲンとるべきなのでしょうか?教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

このサイトでは若年者のスポーツ障害のご相談はしばしば投稿されます。
その大多数が「中学生の息子が野球肘と診断されたのだが、来月大会がある。神経ブロック注射を打って痛みを抑え、投げさせる方法はないか」「小学生の娘が膝痛を訴えていますが、来月大切な大会があります。なんとか出場させたいのですがどうすればよいでしょうか」といったものです。

このサイトの専門家は、「休ませることをお勧めします」と回答し、相談された親御様の少なくとも半数は「それは主治医にも言われたが、どうしても試合に出したいから相談したのに、その程度の回答しか得られないのであれば、承諾はできない」と憤慨されて相談を打ち切られます。

お嬢様の場合は、それらとは次元が違う問題のようですが、類似している部分もあると思います。

私は、お嬢様に、その陸上クラブを休ませるか、辞めさせることをお勧めいたします。
今時、学校のクラブだけが陸上を続ける手段ではありません。
専門知識も無く、部員にスポーツ障害を続発させている専門知識を欠いた人格障害もどきの問題教員に、これまた今時なんの問題にもせずに顧問を続けさせている学校側の姿勢にも大きな疑問を感じます。

レントゲン被爆は避けられるなら避けるべきですが、ここにおける問題は、そう何度もレントゲン撮影が必要になるほどに足の痛みを頻発させる練習メニューの側にあるのではないでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問