JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

STT関節症と診断されたのですがレントゲンを見ますと関節の骨がすれて白っぽくなっていました。 指を動かさない時も痺

解決済みの質問:

STT関節症と診断されたのですがレントゲンを見ますと関節の骨がすれて白っぽくなっていました。
指を動かさない時も痺れた感覚やピリピリした感覚がひんぱんにありましたので痛み止めの注射をしていただきました。
注射は何度かすると効かなくなるので手術して固定をすることを提案されましたが術後動きがどれほど制限されるのか心配です。また、
ほかの方法での治療はないでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
以前もこのサイトで同じような質問を受けたことがあります。

今まで手をよく使うお仕事をされていたのでしょうか。

日本では40歳から60歳の働き盛りのひとがSTT関節症の手術を受けることが多いようです。みなさん疾患として手術を受けているようです。 しかし、働き盛りだからこそ、手を休めることができず、痛みにたえがたくなり、手術をうけているのではと思います。日本人 にありがちな我慢が美徳からきているのかもしれません。

この手のOAの手術に関しては、ふつう保存的な治療ではなかなかよい結果が出ませんしステロイドや局所麻酔的な注射も一般にあまり効果が出ません。

母指から手関節まで完全にギプスシーネ固定してSTT関節を使わないようにすれば痛みはおそらく取れてくると思います。しかし関節を把持したり、親指をよく使う仕事をされているのなら必ずぶり返すと思います。
根本的に治療されたいのであるなら手外科医の下、手術を受けられたほうがいいと思います。
手術後の固定も含めれば6週間くらい、さらにリハビリを加えれば半年は軽くかかるでしょうが、それでも一生STT関節の炎症で悩むよりはずっと近道でしょうね。

手外科の医師のリストをあげておきますので、参考にされて下さい。
手術を受けられるのであれば手外科専門医をお勧めします。

http://www.jssh.or.jp/jp/about/senmoni-meibo.html
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。術後はどの位制限されるのかが心配です。

家事一般は出来るのでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
6週間くらい固定すると思います。

家事は誰かに助けてもらったほうがいいですね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

リハビリの後は徐々に以前のようになるのでしょうか?

固定するというので心配してました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
固定するというのは、その関節が手術後完全に治癒するのを待つためですよ。
ギブスがはずれたら、リハビリをします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

固定しているものが残ると思っていましたが固定しているものは外すんですね。

診察していただいた先生が針金のようなもので固定するといっておられたので自由が制限されると心配していました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
私が申し上げていた固定というのは、手術後のギブスによる固定のことですよ。手術中に装着するピンのことでないです。手術の技法に関してはいろいろなやり方があります。主治医に直接聞かれるほうがいいでしょう。
docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問