JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脊椎手術後の背中の異常感覚について。2年前の3月、胸椎の10/11,11/12の黄色靱帯骨化症の手術を背中からの切開で受けました。

解決済みの質問:

脊椎手術後の背中の異常感覚について。2年前の3月、胸椎の10/11,11/12の黄色靱帯骨化症の手術を背中からの切開で受けました。

昨年8月頃から、切開したあたりに後ろから押されている感じや何か重いものが張り付いて下に引っ張られる感じ、石ころのようなものが入ってごろごろ動く感じなど異常感覚が出始めました。症状は座っ ている状態での前屈と立位、歩行で増悪します。寝ているときと、背もたれにもたれているときは何も感じません。整形外科で診察を受けたところ、MRIやレントゲンで異常はなく手術に伴う筋肉の瘢痕ではないかということでした。これはどういう状態なのでしょうか。また、手術から1年半もたってこのような症状が出るものでしょうか。メチコバールを処方され、背中を温める温熱療法も始めました。今後、症状の消失など好転は期待できるでしょうか。歩行は手術前より改善されています。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①2年まで、術後の疼痛は強かったでしょうか?

②メチコバールはいつから処方されていますか?

③手術を受けられたのは、そして現在治療を受けられているのは、脳神経外科でしょうか、整形外科でしょうか?

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①術後に背中の違和感はありませんでした。昨年夏頃から出始めました。術前も背中の違和感はありませんでした。異常感覚ですが、痛みは術前術後ともありません。

②メチコバールは4月6日からです。

③手術は海外(韓国)で受け、執刀医は神経外科です。現在治療を受けているのは整形外科とリハビリテーション科です。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございました。

 

術後の瘢痕化とそれによる刺激という可能性は否定はできませんが、それならばMRIで確認されそうなものですし、術後1年半を経ての異常感覚の発症というタイミングもあまりありそうではないように思います。

 

神経学的に説明がつきそうな症状(後ろから押されている感じや何か重いものが張り付いて下に引っ張られる感じ、石ころのようなものが入ってごろごろ動く感じ)でもないように思われますから、これは体感異常と呼ばれる症状である可能性が高いと思われます。

 

【体感異常(セネストパチー)】

http://www7a.biglobe.ne.jp/~whitedog720/kokusi-seisin-taikanizyo.html

http://heartland.geocities.jp/fixcenesthopathie/index.html

 

神経内科でも体感幻覚の患者様を診察することはございますが、中等症~重症ならば精神科/心療内科紹介、軽症ならば経過観察とすることが大半です。

 

相談者様の場合、程度はごく軽度で、精神病性の疾患に連なるものではなさそうですので、日常生活に支障を来されていないのであれば、このままご様子を見られていてよろしいのではないかと考えます。

 

治療をご希望の場合は、まず神経内科を受診されて脳のMRI等を含めた神経学的診察を受けられ、異常がないことを確認された上で、心療内科を受診されるのがよろしいかと存じます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
筋肉の瘢痕でもMRIで確認はできるのでしょうか。また、様子を見ていれば好転しますでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
筋肉の瘢痕は、それが神経を圧迫して感覚異常を呈するほどの大きさのものならMRIで確認できます。それ以前に触診で確認できるでしょう。

セネストパチーに関しては、もともと症状の変動が大きい疾患ですが、経過観察で症状がまったく0になることは少ないように思います。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問