JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年11月に生徒同士のけんかを止めていて硬式野球の右投げピッチャーをしている生徒の両手を止めて15分近く揉み合いまし

解決済みの質問:

昨年11月に生徒同士のけんかを止めていて硬式野球の右投げピッチャ ーをしている生徒の両手を止めて15分近く揉み合いました。その後左腕が上がらなくなりました。12月初めに近くに整形外科を受診しましたが、レントゲンを撮りました。しかし先生は「原因がわかりませんね」といって痛み止めを処方してくれました。一向に痛みがひかず、しかたなくカイロや指圧に行き、腕はあがるようになりましたが、痛みは残り異様な肩こりが左側に常に起こります。
3月から保険で通える整骨院で治療を始めましたが、痛みはすぐ戻ります。もう一度整形外科で診てもらいたいのですが、どういう病院へ行けばいいでしょうか。兵庫県在住 60歳 女性です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

なぜ整形外科で診断が付かなかったのかが不思議ですが、相談者様が呈されているのは、典型的な腕神経叢損傷だと思われます。
肩が強く下方に引き下げられるような外力が働くことで、頚椎と肩の間を走る神経の束である腕神経叢が引き伸ばされて、いくつかの神経に損傷が起こることで生じる障害です。
おそらく揉み合いの中でそのような力の加わり方をされたのでしょう。

【腕神経叢】
http://www.ogoridaiichi.jp/image/wsk02.JPG

【腕神経叢損傷の症状と治療および予防法】
http://www.sports-shogai.com/%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%99%A8%E3%81%AE%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E9%A0%9A%E9%83%A8%E3%81%AE%E9%9A%9C%E5%AE%B3/66.html

【腕神経叢損傷】
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/brachial_plexus_injury.html

整形外科であればどこでも一定の診断と治療を受けることが出来ますが、神経が関係した首周りの問題ですので、確実なのは脊椎脊髄専門医を受診されることでしょう。

下記のサイトから、日本整形外科学会の脊椎脊髄病医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い治療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。

サイトにも書いてある通り「脊椎脊髄病医は脊椎脊髄疾患、すなわち腰痛、頚部痛、肩こり、手や足のしびれや痛み、歩行障害などを症状とする病気について研鑽を積み、数多く診療し、十分な知識を持つ医師」なのでご希望にかなう医師がみつかるはずです。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。紹介された病院の一つに行ってみようと思います。

ただ、「しびれ」は無いのです。痛みはひどく、また痛む場所も移動するのですが、「しびれ」はありません。それでも腕神経叢損傷でしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。紹介された病院の一つに行ってみようと思います。

ただ、「しびれ」は無いのです。痛みはひどく、また痛む場所も移動するのですが、「しびれ」はありません。それでも腕神経叢損傷でしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

腕神経叢は脊髄から出たばかりの神経の根の塊で、中に種々の運動神経、感覚神経が混在しています。
そのどの部位に対してどのような損傷が加わるかによって、現れる症状は異なります。運動障害が出る方もおられれば、痺れが生じる方も、もちろん痛みを訴えられる患者様もおられます。
通常、腕神経叢損傷では複数の神経が障害されますが、この部位は筋肉が複雑に入り組んでいる場所でもありますので、少しの姿勢の変化で圧迫される損傷部位が変わり、痛みが移動することはありえます。

もちろん、相談者様を実際に診察した上での判断ではありませんから100%確実だとは申せませんが、大きく外した判断ではないだろうと思っております。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問