JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

私は平成19年に左足前脛骨筋腱を断裂してしまいました。原因は不明です。町の整形外科に紹介された形成外科での手術中にそ

解決済みの質問:

私は平成19年に左足前脛骨筋腱を断裂してしまいました。 原因は不明です。町の整形外科に紹介された形成外科での手術中にそれが判明し、その場で保存的治療を行い、3か月仕事を休んで、復帰しました。しかし、歩行もうまくいかず、痛みも出てしまい、平成22年に再度手術をしました。その時は開けてみないとわからないと言われていて、一応、腱の移植を考えた手術でした。しかし開けてみると、前回断裂した腱がまだ歯ブラシのように広がった状態ではあるが残っていたので、それをつなぐという手術をうけました。その後1か月の入院と3カ月ほどのリハビリを行い、1年半にわたって観察を続けました。
仕事にも復帰しましたが現在、歩行にも支障があり、左足に力がうまく入らず、踏ん張りは利かず。足首の可動域も狭く、走ったり、とび跳ねたりはできない状態です。
現状を打開する方法はありますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

今現在、主治医は何とおっしゃっているのですか。
これ以上治療ができないとおっしゃっているのか、再手術は可能であるとか、その辺りはどうなのでしょう。
腱はつながっているが、神経が 切断された状態であるということなのでしょうか。
この治療に関して、専門家のセカンドオピニオンは取られましたか。
リハビリはもうされていないんですよね。

非常にこみいったお悩みですので、もう少し情報をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事をお待ちしましたがないようですので手元にある情報で回答を書いてみたいと思います。

左足前脛骨筋腱の断裂ということですが、この左足前脛骨筋腱の役目は足を上方に上げる=背屈することです。
この腱を切ってしまうと、足の先が足の背側に上がりません。
この断裂は外傷はもちろんのこと、何らかの理由で腱自体が変性/退化した場合(一般には45歳以上の方に起こる)にも起こりますね。関節炎や、ステロイドの服用、糖尿病、痛風などというものも原因になると言われています。また、あなたのようにどうしても理由が不明の場合も時としてあるようです。

断裂がおきますと、ふくらはぎの筋肉=腓腹筋が、収縮します。そして小さくなって弱くなってしまった前脛骨筋を征服支配します。

最初の手術でどのようなことが行われたのかも伺うべきでしたがわかりませんので、どうやら保存的治療が行われたところを見ますと腱が再度つながるまでの間になんと3年も経過してしまったようです。
この場合、考えられるのは腓腹筋がこの3年間の間に前脛骨筋を完全征服してしまったあとに手術が行われていますので腱がつながった後も両者の筋肉のバランスがうまく取れていないことになります。
この場合は、未だに腓腹筋の力が強いので手術によってこの筋肉を部分的に緩めることが必要になると思います。
また、もともと原因不明の理由で断裂が起こっていますのでこの腱の長さと強度を補強すべくやはり腱の移植がある程度さらに必要なのではないかとも思います。

以上が私の見解なのですがおそらく一つ目の理由は9割当たっていると思いますね。
人間の体は面白いもので、使えない部分はすぐに萎えますが、他の回りの部分が何とかしようとして一生懸命補助をしようとするあまりに強くなりすぎてバランスが取れなくなるんですね。
人間の歩行はすべての筋肉とすべての腱のバランスが取れていないとうまく行かないものなんです。

ここまでよろしいでしょうか。
次にさらにお勧めしたいことを書かせていただきます。



docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
打開策への突破口はやはりセカンドオピニオンでしょう。

次のリストから整形外科専門医を探せます。

http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/index.asp

また、最近大きな総合病院でセカンドオピニオン外来というものを設置しているところが多くなりました。
自費にはなりますが、今までの治療経過の資料があれば受診できますよ。
私の書いたこともコピーして持っていかれたらいいと思います。

ぜひそこから始められてくださいね。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうそう、言い忘れましたが腓腹筋の役目は前脛骨筋とまったく逆ですので。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。大変参考になりました。

 

遅くなりましたが、質問に対する回答です。

 

現在、「腱がつながった」という結果が出たので治療そのものを終了していました。

 

しかし、状態は良くならず、新たに治療を始めるとしたら・・・どこから始めたらよいかというところでもありました。

 

とりあえず、前回までの治療の経過を明らかにしなければならないということですね。

その場合、どの段階まで、さかのぼったら、良いと思われますか?

 

腱の断裂の原因は、初めの整形外科で受けていた痛み止めのステロイド注射ではないかと予想されていますが、最初、その病院にカルテの開示を求めたところ、拒否されました。

 

それで、注射を打った回数と期間だけ教えてもらったという経緯があります。

そもそも、最初の整形外科では腱の断裂という診断はつかず、しこりができてきて(このしこりが実は断裂した腱が縮んでできたものであったのですが)痛みが続くので、しこりをとる手術をしたら良いと形成外科を紹介されました。

 

そこでMRIをとったのですが、多分神経腫だろうという予測の元手術を行ったら、実は前脛骨筋腱の断裂であったとわかり、当然専門外である医師の手術であったので、とりあえずの処置で手術を終えるしかなく、その後5カ月ほどそのまま形成外科で処置をしてもらい、その後整形外科に転科した経緯もあります。

 

それからも痛みは続き、整形外科の受診を重ねていましたが、主治医は最初は再手術に

前向きではありませんでした。

そこで、セカンドオピニオンをという意味もあり、診断書を書いてもらい、ほかの病院を受診したのですが、まったく、相手にしてもらえないという雰囲気でした。

 

という経緯から、この件に関して医師に対する不信感がぬぐえない状態でもあり、半分あきらめていたというのが正直なところです。

 

しかし、仕事の異動を機に再治療を試みて、良くなる可能性を探ってみたほうが自分にとってメリットになるのではと考えて、今回投稿した次第です。

 

現在主治医はいない状態ですが、どんな情報が今後の治療には必要で、それを得るにはどうしたらよいのか教えていただけませんでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。大変参考になりました。

 

遅くなりましたが、質問に対する回答です。

 

現在、「腱がつながった」という結果が出たので治療そのものを終了していました。

 

しかし、状態は良くならず、新たに治療を始めるとしたら・・・どこから始めたらよいかというところでもありました。

 

とりあえず、前回までの治療の経過を明らかにしなければならないということですね。

その場合、どの段階まで、さかのぼったら、良いと思われますか?

 

腱の断裂の原因は、初めの整形外科で受けていた痛み止めのステロイド注射ではないかと予想されていますが、最初、その病院にカルテの開示を求めたところ、拒否されました。

 

それで、注射を打った回数と期間だけ教えてもらったという経緯があります。

そもそも、最初の整形外科では腱の断裂という診断はつかず、しこりができてきて(このしこりが実は断裂した腱が縮んでできたものであったのですが)痛みが続くので、しこりをとる手術をしたら良いと形成外科を紹介されました。

 

そこでMRIをとったのですが、多分神経腫だろうという予測の元手術を行ったら、実は前脛骨筋腱の断裂であったとわかり、当然専門外である医師の手術であったので、とりあえずの処置で手術を終えるしかなく、その後5カ月ほどそのまま形成外科で処置をしてもらい、その後整形外科に転科した経緯もあります。

 

それからも痛みは続き、整形外科の受診を重ねていましたが、主治医は最初は再手術に

前向きではありませんでした。

そこで、セカンドオピニオンをという意味もあり、診断書を書いてもらい、ほかの病院を受診したのですが、まったく、相手にしてもらえないという雰囲気でした。

 

という経緯から、この件に関して医師に対する不信感がぬぐえない状態でもあり、半分あきらめていたというのが正直なところです。

 

しかし、仕事の異動を機に再治療を試みて、良くなる可能性を探ってみたほうが自分にとってメリットになるのではと考えて、今回投稿した次第です。

 

現在主治医はいない状態ですが、どんな情報が今後の治療には必要で、それを得るにはどうしたらよいのか教えていただけませんでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。大変参考になりました。

 

遅くなりましたが、質問に対する回答です。

 

現在、「腱がつながった」という結果が出たので治療そのものを終了していました。

 

しかし、状態は良くならず、新たに治療を始めるとしたら・・・どこから始めたらよいかというところでもありました。

 

とりあえず、前回までの治療の経過を明らかにしなければならないということですね。

その場合、どの段階まで、さかのぼったら、良いと思われますか?

 

腱の断裂の原因は、初めの整形外科で受けていた痛み止めのステロイド注射ではないかと予想されていますが、最初、その病院にカルテの開示を求めたところ、拒否されました。

 

それで、注射を打った回数と期間だけ教えてもらったという経緯があります。

そもそも、最初の整形外科では腱の断裂という診断はつかず、しこりができてきて(このしこりが実は断裂した腱が縮んでできたものであったのですが)痛みが続くので、しこりをとる手術をしたら良いと形成外科を紹介されました。

 

そこでMRIをとったのですが、多分神経腫だろうという予測の元手術を行ったら、実は前脛骨筋腱の断裂であったとわかり、当然専門外である医師の手術であったので、とりあえずの処置で手術を終えるしかなく、その後5カ月ほどそのまま形成外科で処置をしてもらい、その後整形外科に転科した経緯もあります。

 

それからも痛みは続き、整形外科の受診を重ねていましたが、主治医は最初は再手術に

前向きではありませんでした。

そこで、セカンドオピニオンをという意味もあり、診断書を書いてもらい、ほかの病院を受診したのですが、まったく、相手にしてもらえないという雰囲気でした。

 

という経緯から、この件に関して医師に対する不信感がぬぐえない状態でもあり、半分あきらめていたというのが正直なところです。

 

しかし、仕事の異動を機に再治療を試みて、良くなる可能性を探ってみたほうが自分にとってメリットになるのではと考えて、今回投稿した次第です。

 

現在主治医はいない状態ですが、どんな情報が今後の治療には必要で、それを得るにはどうしたらよいのか教えていただけませんでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。大変参考になりました。

 

遅くなりましたが、質問に対する回答です。

 

現在、「腱がつながった」という結果が出たので治療そのものを終了していました。

 

しかし、状態は良くならず、新たに治療を始めるとしたら・・・どこから始めたらよいかというところでもありました。

 

とりあえず、前回までの治療の経過を明らかにしなければならないということですね。

その場合、どの段階まで、さかのぼったら、良いと思われますか?

 

腱の断裂の原因は、初めの整形外科で受けていた痛み止めのステロイド注射ではないかと予想されていますが、最初、その病院にカルテの開示を求めたところ、拒否されました。

 

それで、注射を打った回数と期間だけ教えてもらったという経緯があります。

そもそも、最初の整形外科では腱の断裂という診断はつかず、しこりができてきて(このしこりが実は断裂した腱が縮んでできたものであったのですが)痛みが続くので、しこりをとる手術をしたら良いと形成外科を紹介されました。

 

そこでMRIをとったのですが、多分神経腫だろうという予測の元手術を行ったら、実は前脛骨筋腱の断裂であったとわかり、当然専門外である医師の手術であったので、とりあえずの処置で手術を終えるしかなく、その後5カ月ほどそのまま形成外科で処置をしてもらい、その後整形外科に転科した経緯もあります。

 

それからも痛みは続き、整形外科の受診を重ねていましたが、主治医は最初は再手術に

前向きではありませんでした。

そこで、セカンドオピニオンをという意味もあり、診断書を書いてもらい、ほかの病院を受診したのですが、まったく、相手にしてもらえないという雰囲気でした。

 

という経緯から、この件に関して医師に対する不信感がぬぐえない状態でもあり、半分あきらめていたというのが正直なところです。

 

しかし、仕事の異動を機に再治療を試みて、良くなる可能性を探ってみたほうが自分にとってメリットになるのではと考えて、今回投稿した次第です。

 

現在主治医はいない状態ですが、どんな情報が今後の治療には必要で、それを得るにはどうしたらよいのか教えていただけませんでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。大変参考になりました。

 

遅くなりましたが、質問に対する回答です。

 

現在、「腱がつながった」という結果が出たので治療そのものを終了していました。

 

しかし、状態は良くならず、新たに治療を始めるとしたら・・・どこから始めたらよいかというところでもありました。

 

とりあえず、前回までの治療の経過を明らかにしなければならないということですね。

その場合、どの段階まで、さかのぼったら、良いと思われますか?

 

腱の断裂の原因は、初めの整形外科で受けていた痛み止めのステロイド注射ではないかと予想されていますが、最初、その病院にカルテの開示を求めたところ、拒否されました。

 

それで、注射を打った回数と期間だけ教えてもらったという経緯があります。

そもそも、最初の整形外科では腱の断裂という診断はつかず、しこりができてきて(このしこりが実は断裂した腱が縮んでできたものであったのですが)痛みが続くので、しこりをとる手術をしたら良いと形成外科を紹介されました。

 

そこでMRIをとったのですが、多分神経腫だろうという予測の元手術を行ったら、実は前脛骨筋腱の断裂であったとわかり、当然専門外である医師の手術であったので、とりあえずの処置で手術を終えるしかなく、その後5カ月ほどそのまま形成外科で処置をしてもらい、その後整形外科に転科した経緯もあります。

 

それからも痛みは続き、整形外科の受診を重ねていましたが、主治医は最初は再手術に

前向きではありませんでした。

そこで、セカンドオピニオンをという意味もあり、診断書を書いてもらい、ほかの病院を受診したのですが、まったく、相手にしてもらえないという雰囲気でした。

 

という経緯から、この件に関して医師に対する不信感がぬぐえない状態でもあり、半分あきらめていたというのが正直なところです。

 

しかし、仕事の異動を機に再治療を試みて、良くなる可能性を探ってみたほうが自分にとってメリットになるのではと考えて、今回投稿した次第です。

 

現在主治医はいない状態ですが、どんな情報が今後の治療には必要で、それを得るにはどうしたらよいのか教えていただけませんでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。大変参考になりました。

 

遅くなりましたが、質問に対する回答です。

 

現在、「腱がつながった」という結果が出たので治療そのものを終了していました。

 

しかし、状態は良くならず、新たに治療を始めるとしたら・・・どこから始めたらよいかというところでもありました。

 

とりあえず、前回までの治療の経過を明らかにしなければならないということですね。

その場合、どの段階まで、さかのぼったら、良いと思われますか?

 

腱の断裂の原因は、初めの整形外科で受けていた痛み止めのステロイド注射ではないかと予想されていますが、最初、その病院にカルテの開示を求めたところ、拒否されました。

 

それで、注射を打った回数と期間だけ教えてもらったという経緯があります。

そもそも、最初の整形外科では腱の断裂という診断はつかず、しこりができてきて(このしこりが実は断裂した腱が縮んでできたものであったのですが)痛みが続くので、しこりをとる手術をしたら良いと形成外科を紹介されました。

 

そこでMRIをとったのですが、多分神経腫だろうという予測の元手術を行ったら、実は前脛骨筋腱の断裂であったとわかり、当然専門外である医師の手術であったので、とりあえずの処置で手術を終えるしかなく、その後5カ月ほどそのまま形成外科で処置をしてもらい、その後整形外科に転科した経緯もあります。

 

それからも痛みは続き、整形外科の受診を重ねていましたが、主治医は最初は再手術に

前向きではありませんでした。

そこで、セカンドオピニオンをという意味もあり、診断書を書いてもらい、ほかの病院を受診したのですが、まったく、相手にしてもらえないという雰囲気でした。

 

という経緯から、この件に関して医師に対する不信感がぬぐえない状態でもあり、半分あきらめていたというのが正直なところです。

 

しかし、仕事の異動を機に再治療を試みて、良くなる可能性を探ってみたほうが自分にとってメリットになるのではと考えて、今回投稿した次第です。

 

現在主治医はいない状態ですが、どんな情報が今後の治療には必要で、それを得るにはどうしたらよいのか教えていただけませんでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。大変参考になりました。

 

遅くなりましたが、質問に対する回答です。

 

現在、「腱がつながった」という結果が出たので治療そのものを終了していました。

 

しかし、状態は良くならず、新たに治療を始めるとしたら・・・どこから始めたらよいかというところでもありました。

 

とりあえず、前回までの治療の経過を明らかにしなければならないということですね。

その場合、どの段階まで、さかのぼったら、良いと思われますか?

 

腱の断裂の原因は、初めの整形外科で受けていた痛み止めのステロイド注射ではないかと予想されていますが、最初、その病院にカルテの開示を求めたところ、拒否されました。

 

それで、注射を打った回数と期間だけ教えてもらったという経緯があります。

そもそも、最初の整形外科では腱の断裂という診断はつかず、しこりができてきて(このしこりが実は断裂した腱が縮んでできたものであったのですが)痛みが続くので、しこりをとる手術をしたら良いと形成外科を紹介されました。

 

そこでMRIをとったのですが、多分神経腫だろうという予測の元手術を行ったら、実は前脛骨筋腱の断裂であったとわかり、当然専門外である医師の手術であったので、とりあえずの処置で手術を終えるしかなく、その後5カ月ほどそのまま形成外科で処置をしてもらい、その後整形外科に転科した経緯もあります。

 

それからも痛みは続き、整形外科の受診を重ねていましたが、主治医は最初は再手術に

前向きではありませんでした。

そこで、セカンドオピニオンをという意味もあり、診断書を書いてもらい、ほかの病院を受診したのですが、まったく、相手にしてもらえないという雰囲気でした。

 

という経緯から、この件に関して医師に対する不信感がぬぐえない状態でもあり、半分あきらめていたというのが正直なところです。

 

しかし、仕事の異動を機に再治療を試みて、良くなる可能性を探ってみたほうが自分にとってメリットになるのではと考えて、今回投稿した次第です。

 

現在主治医はいない状態ですが、どんな情報が今後の治療には必要で、それを得るにはどうしたらよいのか教えていただけませんでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
なるほど。

おそらくステロイドが原因でしょうね。
縮んだ腱が見抜けなかったのはちゃんと足の動き等を検査しなかったせいでもありますね。
腱が断裂したのがわかった段階で5ヶ月も保存治療せずにすぐに手術をしていればかなり違ったと思います。
正直なところ、手術の遅延がほんとうに残念なことだったと思います。

開示をしてもらえないのであれば、しかたがありませんが、そこはあなたの記録だけでいいです。あとは手術をした最初の形成外科の資料もいると思いますが手に入れるのが難しければ最後の手術をした病院の先生の紹介状だけでいいのでは?

そしてセカンドオピニオン外来を利用してください。
大きな病院がいいと思います。
例えば慶応大学病院クラスの。

あきらめないでやるだけのことはやったほうがいいと思いますよ。
docmmartをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問