JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14189
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母(92歳)のことでお伺いしたくメールいたしました。 約一週間ほど前から、背中の背骨の右側鎖骨下あたりに痛みがあり

解決済みの質問:

母(92歳)のことでお伺いしたくメールいたしました。
約一週間ほど前から、背中の背骨の右側鎖骨下あたりに 痛みがあり、貼り薬をしても良くならなかった為、鍼灸院に行ったのですが、背骨の右側筋肉がこっているとの事、治療しても治らず整形外科でのレントゲン結果は骨に今のところ問題ない状態と言われ、患部に痛み止めと筋肉を和らげる注射を打ち、痛み止め、筋肉緩和の飲み薬をいただきましたが痛みはとれませんでした。
今現在の症状  じっとしている時も痛む、寝る時(ベッドでなく)と起きる時に激痛でしばらく動けない、足腰は正常
(痛いながらも歩くことができる)手を動かすこともできる、食べることはできるが痛みの為食欲が低下しています。
辛そうな様子でどうしていいかわかりません、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございま す。猫山と申します。

ご高齢ですから、色々な原因を想定しなければなりません。
例えば、「放散痛」といって、心臓や膵臓の痛みが肩や背中を引き起こすことあります。
患部への鎮痛剤と筋弛緩薬の注射が効果を現さなかったことは、少なくとも痛みの原因がその部位の筋肉の緊張や炎症によるものではない可能性を示唆しています。

いくつか補足情報を下さい。

■お母様は何か持病がおありではないでしょうか。また、常用薬があれば教えてください。

■痛みは、突然現れたのでしょうか?

■この1週間で、痛みの場所や強さは変わっていないでしょうか。

■起き上がるときに激痛でしばらく動けないとのことですが、動きや姿勢によって痛みの程度が変化するのでしょうか。

■受診された整形外科は整形外科専門医、脊椎脊髄専門医でしょうか。

取り急ぎ、上記について確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速メールありがとうございます

ご質問の件:

  ・持病・・・・特にはありませんが現在定期的に内科検診を月一回(高血圧ぎみの為薬を服用し安定している)受診

  ・痛み・・・・痛む前日に家具を動かす際ちょっと手伝ってもらったことはあります(その時は何ともなかった)それが原因かはわかりません

  ・痛みの場所・・・・背中から一時両脇腹も痛みがあり現在は背中右肩甲骨下だけです

  ・痛みの程度・・・・起き上がるときの痛みから30分位椅子の背にクッションを置いて押し付けていると少し痛みが和らぐようです

  ・整形外科専門医です 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

一時的に脇腹にも痛みがあったことを考えると、これまでいただいた他の情報と考え合わせてもっとも可能性が高い診断は肋間神経痛であろうと考えます。

 

肋間神経痛自体は病名ではなく症状名で、脊椎の隙間から出て、肋骨に沿って走る肋間神経が何らかの原因で痛む疾患の総称でもあります。

原因は判明しないことが多く、対症療法を行っている間に自然に寛解する場合が大多数です。

 

次に考えなければならないのが、前述した放散痛で、部位から考えると心臓や肺、膵臓の疾患による痛みが背中に投射されている可能性を考えなければなりません。

発熱のような感染徴候があれば胸膜炎も考えなければなりませんが、これは特にご記載がありませんので今回は考慮しなくてもよいでしょう。

 

お母様のお歳を考えるとまず内科疾患のチェックをすべきですが、月1回の検診を受けられているとのことですから、この場合は肋間神経痛の診断に関して先に事を進めるべきでしょう。

 

肋間神経痛の場合、受診科は整形外科ということになります。

既に専門医に受診されているとこのことですが、脊椎脊髄専門医を受診されてセカンドオピニオンを受けられるべきでしょう。

脊椎脊髄専門医とは、日本整形外科学会によって認定された、「脊椎脊髄疾患、すなわち腰痛、頚部痛、肩こり、手や足のしびれや痛み、歩行障害などを症状とする病気について研鑽を積み、数多く診療し、十分な知識を持つ医師」なのでご希望にかなう医師のことです。

【日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

 

肋間神経痛の診断が付いた場合、その原因によって、整形外科でそのまま治療が行われることもありますし、神経内科やペインクリニックに紹介されることもあります。

 

肋間神経痛が否定的であった場合は、内科を受診されて、内科的疾患の有無について精査を受けられるべきでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答いただきありがとうございました。

肋間神経痛の場合歩いている時など痛みが鈍い痛み程度で歩くことができるものでしょうか。また、起きてから痛みが和らぐまで一時間位かかるときもあります。体を前に倒して手を足首につけてもあまり痛くないようです。以上の状態についてよろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前述したように、肋間神経痛とは診断名ではありません。

肋間神経痛といっても、原因は様々ですし、痛む場所 も、痛みの程度も、痛みが強まる/弱まる姿勢もその原因によって、患者様個人個人で違ってきます。

従って、ご質問に関しては全て「そういう場合もあります」という回答になってしまいます。

ただ、痛みの程度に変化があることと、それが姿勢によって生じることがある点から、脊椎の変形や、椎間の狭小化による神経の圧迫の関与は疑われると考えます。
何か変化が起きているとすれば胸椎のレベルですから、前屈(体を前に倒して手を足首につける動作)はあまり病変部位に影響を及ぼさない可能性が大です。

診断のためにはレントゲンではなく、脊髄のMRI検査が必要です。
もしも内臓痛だった場合のことを考えると、早目にまず整形外科を受診されるべきかと考えます。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14189
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    112
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2792
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    309
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

整形外科 についての関連する質問