JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

足の下肢を複雑骨折して、ボルトとプレートを下肢の全体的に入れています。とってもとらなくてもかまわないとのこと

質問者の質問

足の下肢を複雑骨折して、ボルトとプレートを下肢の全体的に入れています。

とってもとらなくてもかまわないとのことだったのでとりませんでした。

しかし、いまになって、ときどき、違和感 とか、少し痛かったり、エアロビで飛んだり跳ねたりの俊敏な動作ができなかったり、長く歩くと痛くなったりして、もしかしたら、とっておいたほうがよかったのではないかと思い始めました。

エアロビをするときにたぶんとっておいたら、動きができたのではないかと思いました。

6年くらいたちますが、いまからでもとれますか?

それとも、とることのリスクはありますか? 

1年後くらいにみてもらったときに、今以上に感覚がなくなるよといわれて、いまでも、少し向う脛の感覚がないので、こわくなってやめたんですが・・・

あと、6年もたっているので、肉がまいてしまっていて、肉をいっぱいそがなければならないとか?

かえって、運動機能が落ちることもありますか? 失敗のリスクは何割くらいだと思われますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
もう6年も経つんですね。

結論から言いますとボルトやプレートは骨とおそらくくっついた状態でしょうから取り外すのは困難でしょう。
しかし、ケースバイケースですので一番いいのは手術をしてくれた先生に評価してもらうことですが、可能でしょうか。
取り除くにしても、また手術です。
手術をすればいろいろな合併症を心配しなければならなくなります。
すんなり行けばいいでしょうが、感染症を起こしたり、神経を傷つけることによる神経的な症状も起こりかねませんし、もちろん今までの機能が落ちることだってありえますよ。
術後はもちろんかなり痛いですし、リハビリも必要になるかも。
今の段階では無理して取り外すメリットはあまりないような気はします。
かなり大きな複雑骨折だったようですからあとになって今回のように後遺症が出てくることもあり得ます。
後遺症がもとで日常生活に支障が出ているようなら対処することは重要ですが、時には今の状態にうまく慣れられて行動を調節されたりして受容されることも必要ではないかと思います。

まずはレントゲンを撮ってもらってその結果から今の違和感や痛みの原因がどこにあるのか見てもらってから対処されてください。

http://www.jsfr.jp/ippan.html

ご参考までに。

整形外科 についての関連する質問