JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

橈骨遠位端骨折で手術しました。術後指の動きが悪く力がはいりません。主治医は当初手術すれば早く回復し1ヵ月で完治すると

解決済みの質問:

橈骨遠位端骨折で手術しました。術後指の動きが悪く力がはいりません。主治医は当初手術すれば早く回復し1ヵ月で完治するといい、綺麗に手術は終わったから、あとはリハビリを頑張ってもらうしかないと言い、術後退院の際にもすぐに運転も出来ると言った。けれど、運転どころか骨折してから術前に動いていた親指も全く動かず、運転など3週間経った今ですら出来ません。退院後1週間後の診察でリハビリで頑張るしかないと言われたので、週3回リハビリ
通い、頑張ってかなり指が動く ようにはなったものの、まだ力が入れられず痛みも痺れも重みも腫れもあります。先日の診察で手術で入れたチタン板を抜かないと治らないと言われました。またリハビリを頑張りすぎると親指の神経を切る場合があるので無理に動かすのはダメだとも言われました。手術時にはチタン板は一生抜かなくてもいいけど、気になるなら1年後なら抜いてもいいと言っていたのに。チタン板を抜くまでは運転も出来ないかもしれないとまで言われてしまいました。果たして本当にチタン板を抜くしか方法がないのでしょうか?骨が引っ付くまではチタン板は抜けないとするとそれはかなりの時間がかかるのではないのでしょうか?手術の際の板の場所のせいでしょう?手術せずに固めて治したほうが傷痕も残らずにこんなことにならなかったのでは?と思うと医師の態度がありえません。まして全治1ヶ月と言っていたのに、今はまだ1ヶ月だからまだまだこれから先が長いよ~と言い出す始末で。行くたびに無責任な態度でありえません。
私はただ元通りになりたいだけなのに、実際にこういう場合はどのような治療方法があるものか知りたいです。
医師の言うように、こうなった以上、ただ月日を待って板を抜くしかないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

「グーはなんとか出来るがパーが出来ない」のは橈骨神経麻痺、正中神経麻痺がともに起きている可能性が大です。
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/radial_nerve_palsy.html
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/median_nerve_paralysis.html

解せないのは、橈骨遠位端骨折であるにも関わらず、手首から先だけではなく前腕(肘から先)にも症状が現れているようであることです。

結論から申し上げると、「手外科専門医」を受診され、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。
相談者様の年齢・性別・身長・体重、骨折が起こった状況、骨折の様式(コレス骨折がスミス骨折か)、変形治癒の有無(骨折した骨が元の位置に戻っているか)、主治医の説明・言い訳等々、お聞きしたいことが山のようにありますが、まだ受傷後1ヶ月程度である今が再手術等を含めた適切な治療を行えるぎりぎりのタイミングであると思われるため、直接しかるべき病院に行かれた方がよろしいかと考えます。

手外科とは整形外科医の中でも上肢全般の治療に特化した専門性の高い医師のことで、日本手外科学会という学会によって認定されます。
http://www.jssh.or.jp/jp/about/about_senmoni.html#sick
そういう学会や専門医が存在するくらい、人間の手というのは複雑で、治療のために高度な専門性を要する部位なのです。
普通の整形外科医であれば後遺症が残るような手や手首の怪我であっても、手外科医ならばより適切な治療が行える場合も少なくありませんし、相談者様の場合においても、何が起きたのか、そして今後どうすべきなのか適切に助言してくれる可能性が高いでしょう。

手外科の専門医は以下のページから検索が可能です。
http://www.jssh.or.jp/jp/about/senmoni-meibo.html

現主治医にセカンドオピニオンを受けたい意向を話し、紹介状とこれまでの検査結果のコピーももらって、受診可能な手外科専門医の予約をとって受診されるのが理想的です。

この場合、一刻も早い手外科受診をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問