JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

炎症の原因不明及び痛みが取れず困っています。昨年11/22に自転車で降りる際にバランスを崩し、膝を突き転倒。膝蓋

質問者の質問

炎症の原因不明及び痛みが取れず困っています。
昨年11/22に自転車で降りる際にバランスを崩し、膝を突き転倒。膝蓋骨骨折(ズレがなかった)により、12/21迄ギプス固定しました。ギプスを外して歩行時すると膝がカクンと腰 砕けの様な状態に何度かなり、激痛を感じました。(ギプスを取った際には骨が完全にくっついてなかった。)
ギプスを取って1週間後には、じっとしていてもズキズキと疼痛を感じ、年末でだったので年始にMRIを撮ると、お皿の上の脂肪組織に炎症があり、CRPも1.21で蜂窩織炎と判断され、抗生物質を処方されました。ところが効果が無く、6種類の抗生剤を服用・点滴(耐性菌のMRSAの抗生剤も服用)するも全く効き目が無く、CRPは0.85~1.03の間を行ったり来たり・膝は熱感がありズキズキする状態が続きました。(その間1ヶ月半でギプス固定により委縮してしまった間接のリハビリは1/13から始まりました。)
そこで、細菌感染で無く滑液包炎で水が溜まっていると主治医から言われ、ステロイド剤を処方されました。3日目ぐらいから痛みの範囲が狭く痛みの質が変わり、1週間目には曲げれなかった膝関節が曲げれるようになりました。
CRPも0.71にさがり、再度主治医に状態を聞くと、蜂窩織炎でもなく滑液包炎にしては、炎症の範囲が広く
水を抜ける場所ではない・こんな症例は見たことが無く膝を強打した事が原因でないと言われ、とても不安です。膝を強打する前は全く何の問題もなかったので、強打したことにより、骨折~ギプスをしている過程で起こった炎症だと思っています。
10日間飲んだステロイドもなくなり、今後は薬を飲まずに様子を見ると言われましたが、原因がわからず痛みが
完全になくなり、元の状態になるか心配です。ちなみに骨や間接内には異常がみられず、リウマチでもなさそうだと言われています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

的確な回答のために、以下の点につき情報を頂戴できればと存じます。

■差し支えなければ、相談者様のご年齢と性別を教えて下さい。

■差し支えなければ、相談者様の身長と体重を教えてください。

■受診された整形外科の規模(クリニック、単科病院、総合病院、など)を教えてください。

■持病や常用薬があれば教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
43歳。女性です。
身長は150cm・太っています。
病院の規模は、クリニックですが、スポーツ障害 膝関節外科 膝関節鏡の専門医です。
MRI 検査装置 :SIEMENS MAGNETOM Espree 一般撮影装置 :SHIMADZU RADIOTEX CS3という高性能な装置を併設し、国立大学医学部を卒業し、かなり有名な医師らしいです。
持病・常用薬はありません。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

受診状況によっては膝関節の専門医を受診することをお勧めするつもりでしたが、そういうことですと、セカンドオピニオンを受けることにあまり意味は無さそうですね。

申し訳ありません。私がお役に立てることは無さそうです。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
猫山先生がオプトアウトされたようですので、私でよろしかったらわかる範囲でお答えを書かせていただきます。

膝の痛み、困りましたね。
怪我からもう3ヶ月ちょっとというところですが、骨折=怪我というストレスが引き起こした関節炎のようなものなのでしょう。

感染症でもない、つまり蜂窩織炎でも骨髄炎でもないわけですから。

今現在の痛みはどれくらいですか。
可動範囲はどのような感じなのでしょう。

現在、ステロイド服用後何日目ですか。
ステロイドの局所注射や、非ステロイド性抗炎症薬、そしてリハビリは主治医から提案はないでしょうか。

原因の究明は私にも無理かもしれませんが、膝の炎症に関する治療方針ならご相談にのれると思っています。

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
2/21(火)の夜からリンデロン錠0.5mgを1日2回5日分服用し、24日に追加で5日分、計10日分を3/2(金)の朝まで服用しました。

ギプスを外した直後からステロイドを服用するまでに、椅子に座った状態で足を浮かす事ができなかったのが、リハビリの成果もあるのか、若干、浮かせるよう になり、ステロイドを飲んだ事により、服用3日目頃から間接をまたいでいた(お皿の上から下)痛みが、間接の下(お皿の下)だけになり、椅子に深く座り曲げれるようになりました。(角度は80度ぐらい)

主治医からは痛みの範囲が狭くなり、痛みが軽くなってきたということで今後は、ステロイドをやめて様子を見るとしか言われていないです。

ようやく曲げれるようになり、少しはホットしましたが、痛みが取れたわけではなく、階段を上がったり、椅子から立ち上がる際に踏み込む事ができません。
おそらく広範囲に溜まっている水が少し吸収されて、お皿の下の部分にまだ溜まっていると思います。MRIをとればわかるかと思います。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

ステロイドの量が一日に合計1mgということで、とても低い量で、炎症が少しコントロールされた状態ですね。
ふつう、10日間以内のステロイド服用ならば、次第に減らしていかなくてもいいのでもう少し大きな量で炎症をたたいてもよかったのではないかというのが個人的な印象です。
ただ、炎症がある程度コントロールされているところを見ますと、あとはステロイドの局所注射が有効なのではないかと思います。そのときの注射に局所麻酔の注射も混ぜてもらえばずいぶん痛みは違います。

階段は避けられてください。
また、杖を有効に使っていただき椅子から立ち上がるときに膝に負担をかけないことです。
また膝のサポーターをお使いになるといいと思いますし、リハビリはできる範囲で続けた方がいいです。
あと、情報リクエストで申し上げました非ステロイド性抗炎症薬は炎症をおさめ鎮痛効果を得るために服用されるべきだと思います。
ぜひ主治医にご相談下さい。

膝の炎症は、感染症でない限りはすべて同じような治療法を取ります。
ステロイドの服用を終わって様子をみる段階ですから、このステロイドに取って代わる治療法を続ける必要があります。

1、膝の負担を軽減。杖や、サポーター、階段の昇り降りの禁止等。
  しかしリハビリはできる範囲で続ける。

2、非ステロイド性抗炎症薬を服用。胃を荒らす副作用があるので食後に取るか、胃薬を併用。

3、様子をみて痛みがおさまらないなら、ステロイドの局所注射をお願いしてみる。
  それでも痛みや炎症がぶり返すようならステロイド内服、今回は増量して短期で勝負する。

以上が考えられるオプションで、おそらくあなたの主治医も賛成してくれると思いますよ。

質問者: 返答済み 5 年 前.
やはり原因はわからないのでしょうか?膝を強打したこととは関係ないのでしょうか?
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
膝の専門家は、膝を強打したことには関係ないような見解なのですよね。
私は関係があると思います。
膝の骨折が膝のストレスになってひどい広範囲の炎症を起こしたわけです。
しかし、少量のステロイドに反応していますから、予後は悪くないと思いますよ。
治療法はどのような関節の炎症でも、感染症でなければ同じです。
膝の専門家であってもなくても同じことだと思います。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
敢えて診断名をつけるなら 外傷後非特異的関節炎のような感じでしょうね。

オンラインにしておきますのでご質問があれば何でも聞いてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
主治医は痛みがでるのであれば、強打した直後から出るはずだと言っています。
あとになって痛みが出てるし、何故痛いのかわからないそうです。滑液包炎により
水が溜まっていると言った4日後には、滑液包炎と いうのもおかしい、よくわからないと
言っていました。
MRSAの抗生物質が出された時も、薬局に行って初めて高価(8錠で\30000以上)な薬だと
言われ、主治医とのやりとりにストレスを感じています。
すでに治療代で約5万円、薬代で約4万円、通院費(歩行がつらくてタクシー)で約4.5万円と合計13万5千円ほどかかっています。
交通事故損害保険に加入しているので、実費は出ると思いますが、主治医が事故と無関係だと主張する可能性もあり、余計にストレスを感じています。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そういう事情があったんですね。

主治医が一番事情をよく知っているはずなので診察のできない私があれこれ言うのもおかしいのですが、セカンドオピニオンを取られてはいかがですか。
私なら、そうすると思いますよ。

大き目の総合病院の整形外科をお勧めしますが。
質問者: 返答済み 5 年 前.
細かく回答していただきましたが、回答に100%満足できませんでした。
主治医にステロイドを早く服用していたら、もっと早く痛みが取れていたのでは?と
質問したところ、炎症数値が高くないから出せなかったと言われました。
水も抜く事の出来ない部分の炎症だと言われたので、おそらく非ステロイド性抗炎症薬やステロイドの局所注射をお願いしても、断られそうです。
セカンドオピニオンというよりは、他医院でいちから見てもらおうと思います。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それでは、最後にあなたの主治医がどのように考えて治療をしてきたのか、私なりに経過を分析してみます。
読んでいただけるとうれしいです。

さて、ギブスがとれた1週間後に疼痛を感じ、MRIによって炎症が発見され抗生物質の投与が始まったということですよね。
蜂窩織炎は、骨の炎症ではなく、皮下組織の浅い部分に起こる事が多く表皮の小さな外傷や毛穴から主にブドウ菌のようなものが侵入して発症します。
その場合、必ず紅班と圧痛、そして局所熱感を生じます。
この三つが存在して初めて蜂窩織炎といいます。
CRPというのは、このような感染症でも、関節炎でも、特に骨髄炎で上昇します。つまりどのようなタイプの炎症でも非特異的に上昇します。
炎症数値が高くないからステロイドを出せなかったとおっしゃったそうですが、ここで言う炎症数値はCRPのことですよね。
あなたの場合、CRPは最初からほぼ正常でした。上昇は少なかったといえます。
ですからあまり高くないCRPを前にして主治医にしても鑑別がよくできなかった可能性はあります。
一番高い時で1.21でしたよね。

この時点で主治医はどう考えたか。
どの整形外科医でもそうですが、一番こわいのは骨髄炎です。
蜂窩織炎でもそうですが、放っておくと骨髄炎になりかねないわけで、ですから抗生物質でそれもMRSA用の高価な抗生物質まで使ったのだと思います。

この時点で、他の整形外科もおそらく同じように考えたのではないかと私は思いますね。
つまり、主治医の考え方をまとめるとそうなりますし、それは一般的だと思います。

大切なことはこのように、最初に蜂窩織炎のような感染症を鑑別にあげて治療をしている場合は早期にステロイドは使えません。
ステロイドの使用は感染症を悪化させます。
これも主治医の見解は正しいです。

ただ、今の段階で抗生物質ではらちのあかない炎症であることがついにわかり、けれどもステロイドにうまく反応するタイプの炎症であることがわかりましたね。ですから非ステロイド性抗炎症薬や、ステロイド局所注射はいい治療法です。
お願いしても断られるとは思えませんね。
ステロイド服用をやめた今、それが一番いい方法ではないかと個人的には思います。

今までの説明でよくわからないところがあればご説明しますのでご自由に書き込んでください。


質問者: 返答済み 5 年 前.
細かく言うと、ギプスをしているときから疼痛はありました。強打し、骨折しているので
その痛みだと思っていました。(ギプスを取った時点では骨はしっかりくっついていませんでした。)

ギプスを取った翌日と3日後に、歩行時に膝がカクンとなり激痛が走りました。6日後に
安静にしていてもズキズキと痛みだし、7日後にまたカクンとなり痛みが増してきました。

お正月間に痛みがピークになり、1/4診察・1/5MRI/血液検査・1/6に蜂窩織炎or滑液包炎…おそらく蜂窩織炎だろうと診断されました。

ちなみにギプスを取った時、ふくらはぎ全体に赤い斑点が出来ていて、擦過傷もめくれていた皮が固まっていて、洗う内に取れてかさぶたになり、現在1.5cmほど傷跡が残っています。
蜂窩織炎の原因はわからないけど、赤い斑点は単なる皮膚炎みたいなもので、擦過傷が
原因で蜂窩織炎になるのであれば、事故直後になっていたはずだと言われました。
ギプスを取った直後に、膝がカクンとなり、痛みが出てきたのも、事故とは関係ないような言い方をされました。
確かに蜂窩織炎の紅班は、患部全体が赤く腫れあがり斑点ができると思い ますが、私の場合は、斑点はふくらはぎで膝は熱感があり腫れてはいるけど、赤くない状態でした。
主治医は、触って熱感があるし圧痛やCRP・MRIを診て蜂窩織炎と診断したのでしょうが、
患部を直接診ずに診断出来るものなのでしょうか?

1/30に、骨の疾患を考えALPを調べてもらうようにお願いしましたが、基準値内でした。
2/7に骨髄炎の可能性も考えMRIを撮りましたが、骨や関節に異常は見られませんでした。

1/6からフロモックスとボルタレンを1日3錠3週間分、
1/31からセフゾンを1日3C1週間分、
2/7からパンスポリンを1日2回点滴、
2/10からメロペンを1日2回点滴、(2/10/11の連休にミノマイシン1日4錠を2日分)
2/17晩からザイボックスを1日2錠4日分を試してきました。

1月後半より、安静時の疼痛が引いてきたのでボルタレンは中止し、椅子に浅く腰かけ膝を若干曲げた状態で足を浮かす事ができるようになりましたが、家事の為、買い物したり
台所に立っていると、膝が腫れて10分動くのが限度でした。

2/21に細菌感染じゃないのでは?と言われ、ステロイド(リンデロン0.5㎎1日2錠5日分)を服用、2日~3日後から膝が軽く激痛じゃなくなり、1週間後には80度ぐらいまで
自然に曲げれるようになりました。(膝上から痛かったのが膝下になった。)

昨日の診察で、痛みの範囲が狭くなってきたから、しばらく様子を見て1ヶ月後に血液検査をすると言われました。リハビリの先生には、主治医の先生は、免疫作用による自然治癒力で治すことを基本にしている先生だから、よっぽどでないと注射はしないよと言われました。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
今回はお薬の種類をかなり詳細に書いてくださったので疑問に思っておられることにはお答えしやすいかと思います。

①細かく言うと、ギプスをしているときから疼痛はありました。強打し、骨折しているので
その痛みだと思っていました。(ギプスを取った時点では骨はしっかりくっついていませんでした。)

強打による骨折ですからね。
ただの膝の打撲でも痛みが取れるのに半年くらいかかることがあります。
私の膝に関する患者さんで一番多いのは捻挫、そして打撲、少数派が骨折ですが、膝のトラブルはとにかく痛く時間がかかります。
ここで、私の疑問は、なぜ4週間ちょっとでギブスをはずしたのかです。
私なら6週間はつけたままにしたでしょう。
大きな関節ですから、曲げ伸ばしを頻繁にするためどのような外傷でも、長めに固定するんですけどね。
例えばですが、膝の上を深く切ったとして、縫い合わせたとします。
ふつうは縫合を取り除くのは、5日間くらいで十分ですが、膝は最低2週間は待ちます。
例は違いますがコンセプトはわかっていただけますか。
ギブスを長くおいておけば、このようなトラブルは避けられた?
これはあとから解析してみればありえると思いますが。。。

②蜂窩織炎の原因はわからないけど、赤い斑点は単なる皮膚炎みたいなもので、擦過傷が原因で蜂窩織炎になるのであれば、事故直後になっていたはずだと言われました。

これは主治医のおっしゃるとおりです。

③主治医は、触って熱感があるし圧痛やCRP・MRIを診て蜂窩織炎と診断したのでしょうが、患部を直接診ずに診断出来るものなのでしょうか?

この意味がよくわからないです。
つまり、患部の診察はなかったということ?
触って熱感があるし、圧痛があるというのは主治医の診立てではなくあなたが訴えたことだったんですか?
もし患部を診ずに蜂窩織炎と判断したのならこれはひどすぎると思います。
ふつう、蜂窩織炎であれば、皮膚が必ず赤くなります。斑点ではありませんよ。赤い部分が広範囲に出ます。
ですから私が診察しているのであったならその赤くなっているところのふちを外科用の特別なマーカーで縁取ります。
そして抗生物質でたたくたびに2日ごとにその赤みがの範囲が狭まることを確認しながら治療します。
この扱い方がほんとうにおかしいですね。

④1/30に、骨の疾患を考えALPを調べてもらうようにお願いしましたが、基準値内でした。
2/7に骨髄炎の可能性も考えMRIを撮りましたが、骨や関節に異常は見られませんでした。

これに関しましてはほんとうによかったです。
骨髄炎でなかったこと、ほんとうに私もうれしいですよ。
初期の画像診断では骨髄炎がわからないことがありえますのでMRIで確認したタイミングはパーフェクトであったと言えますね。

⑤1/6からフロモックスとボルタレンを1日3錠3週間分、
1/31からセフゾンを1日3C1週間分、
2/7からパンスポリンを1日2回点滴、

このボルタレンは私がお勧めしていた非ステロイド性抗炎症薬の代表的なお薬です。
これは、蜂窩織炎の治療の一環として使われていたと理解しますが、そのあと使うように指示が出ていないんですね。頓服としても使えるのに。。。
これこそ、ステロイドを使っているときにもいっしょに使っていただきたかったお薬でした。
どうも、私と考え方が大きく違いますね。
でも一般に私のように考える整形外科の先生は多いと思いますが。
あと、ここまでの3種類のお薬は同じセフェム系の抗生物質で同じようなものをなんと一月以上も?
これも私には理解ができません。

⑥2/10からメロペンを1日2回点滴、(2/10/11の連休にミノマイシン1日4錠を2日分)
2/17晩からザイボックスを1日2錠4日分を試してきました。

ここで、やっと違う種類のお薬に変わりましたが、この時点で主治医は何を鑑別に上げていたのでしょう。
ザイボックスは非常に高価なお薬ですよね。
苦し紛れにこうせざるをえなかったとしか見受けられません。

⑦2/21に細菌感染じゃないのでは?と言われ、ステロイド(リンデロン0.5㎎1日2錠5日分)を服用、2日~3日後から膝が軽く激痛じゃなくなり、1週間後には80度ぐらいまで
自然に曲げれるようになりました。(膝上から痛かったのが膝下になった。)

気づくのが遅いですよ。。。
不必要な抗生物質を使い尽くした結果ですよ。
このような治療なら素人でもできたような気がします。つまり膝の専門家が治療したとは思えませんね。
また、指摘しましたがステロイドの使い方が中途半端です。
用量がもっと高量であってもよかったと思いますし、もう少し長く治療するべきでした。
どういう病名かはわからなくても炎症は炎症。
それも外傷後に起きた炎症に間違いはないです。
そしてステロイドにうまく反応しています。
それは事実ですよね。主治医がこの炎症が外傷によるものでないという根拠が私は知りたいですね。根拠はおそらくないと思います。

⑧昨日の診察で、痛みの範囲が狭くなってきたから、しばらく様子を見て1ヶ月後に血液検査をすると言われました。リハビリの先生には、主治医の先生は、免疫作用による自然治癒力で治すことを基本にしている先生だから、よっぽどでないと注射はしないよと言われました。

そんなに痛くないのであれば局所注射は待てます。
それは正しいです。
しかし、いずれは必要になってくると私は思いますね。
今はまだ中途半端な治療を不完全に終えた状態であると私は思います。

かなりあなたの主治医のやり方を責めましたが私はふつうはそのような書き方をこのサイトでしたことが今までないのですが、詳細を知った今、こう書かざるをえませんでした。
ご気分を害されたならあやまりますが、これが第三者から見た意見です。
セカンドオピニオンを取られる際、あなたがここに書いた詳細はしっかりお見せ下さい。
そうしないと私ですら的確な回答を書けずにあなたに不満足感を与えましたしね。

ずいぶん長くなりました。
今日は一日うちで勉強していますので、いつでもお気軽にご質問があれば書きこんでくださいね。












質問者: 返答済み 5 年 前.
ギプスは11/24~12/21の28日間です。12/1のレントゲンでは11/24となんら変わりなく、
12/21にギプスを取ると言われました。取った時のレントゲンでは、かなり薄くはなっていましたが、素人の私が見てもうっすらと線が残っていました。

ちなみに、完全に折れたのではなく亀裂骨折で横にヒビが入りましたがズレていないという事で、ギプス固定になりました。

☆触って熱感があるし、圧痛があるというのは主治医の診立てではなくあなたが訴えたことだったんですか?

私が訴えたので、主治医が触って押しましたが、皮膚の状態は全く診ていません。
1/4に診察し精密検査(MRIと血液検査)しましょうと言われその日は、ボルタレンとムコスタを処方されました。
1/5にMRIと血液検査(結果は翌日)で、画像を見て蜂窩織炎で炎症を起こしているとは言いましたが、詳しい説明がなかったので、帰り道に携帯サイトで蜂窩織炎とは何かを調べました。(自宅に帰り詳しく調べました。)
翌日の血液検査の結果(CRP=1.21)を聞いた時に、敢えて蜂窩織炎とは何ですか?と聞いたら説明がありました。この日にフロモックスを1週間分処方されました。

蜂窩織炎と診断し説明してくれなかった時から、主治医に対して不信感を持つ様になりましたが、膝の専門医・評判がかなり良い・自分が素人である・保険会社とやりとりの関係で、まず は主治医を信じるしかありませんでした。

1/13に痛みが変わらないので追加で1週間分処方され、ふつうは1週間で痛みが取れるはずと言われました。これ以上関節を動かさないと固まってしまうという事で、出来る範囲でリハビリも始まりました。

1/17からのどに違和感を感じ1/19に発熱、1/20の血液検査でCRPは高く出そうだと主治医に言いました。その日の夕方に検査結果が出て、3.18あったので翌日に抗生剤を点滴するから来るように言われました。1/21の早朝から悪寒がひどく38.6℃まで熱があがったので
おそらくインフルエンザだとは思いましたが、点滴を受けにいきました。
その日は主治医が休みで、手の専門医の診察でこのあと内科に行くよう言われました。
同じ建物内に内科もあるので、点滴後すぐに診てもらい、やはりインフルエンザで
CRPが3.18あっても当然だと言われました。主治医にはインフルエンザの疑いがあるとは
血液検査をする前には言いましたが、3.18に上がったのは炎症のせいだと思われたようです。
点滴(パンスポリン)を受け、ボルタレンも2週間ほど服用したので安静時の疼痛が少し
和らいだような気がしました。

そういう流れがあったので、整形と内科(同敷地内別病院)で相談してもらい、インフルエンザがよくなってから、整形の診察となりました。(フロモックス1週間追加)
1週間後、安静時の疼痛は治まってきましたが、押すとまだ激痛がありセフゾンを処方されました。

更に1週間が過ぎ、圧痛や少し歩くと腫れて疼痛がひどくなり、痛みが変わらないので
パンスポリンとメロペンの点滴を2/7~2/17迄1日2回行いました。それでも痛みが変わらないので、2/17にザイボックスを処方されました。
この時に薬局に行って、初めて高価な薬だと説明されびっくりしました。(偶然持ち合わせがありましたが、いきなり3万円以上は普通は持っていないです。)

ステロイドを服用してようやく、CRPも0.85から0.71まで下がり、痛みの範囲も狭くなってきたので、主治医も何故痛いのかわからないの一点張りでしたが、安堵した顔になり
そのうち痛みも取れると言われました。蜂窩織炎と診断されてからステロイドを出すまで
足の曲がり具合を見たり、押したりはしましたが皮膚の状態や腫れ具合は一切診てません。
このような状況だったので、素人的にももう少し早い段階でステロイドに切り替えれたのでは?と思いました。

不安になるような言い方や顔つき、高価な薬を説明なしに処方等、私が気にし過ぎた所もあるのかなと思いましたが、docmmart先生が主治医のやり方を責めたと言う部分を読んで
気が楽になりました。

確かに炎症は炎症で、痛いのは痛いんです。今の痛みもそ のうち取れると先日言われましたが、簡単にそんな事言ってほしくないです。こんな症例を診た事が無い、おかしい、わからないを連発、判断の難しい症例かも知れないですが、親身な医者ではないですよね。

主治医に相談せず他医院にかかるのは、失礼でしょうか?セカンドオピニオンで紹介状を書いてもらう方が良いのでしょうか?









専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご気分を悪くされるかと思いましたが、意外とすんなり受け入れて下さったようで私も安心しました。
詳しくお聞きすればするほどほんとうにおかしいですね。

セカンドオピニオンは、あなたが書かれた詳細を元に十分取れると思われますが、最低限MRIはコピーをもらえるように お願いしてみたらどうでしょうか。
失礼なことはないと私は思いますよ。
あなたがほんとうにそうしたいなら紹介状もお願いした方がいいですが、最低限MRIのコピーがあればいいと思います。

自費にはなりますが大きめの総合病院ではセカンドオピニオン外来というものもあります。
ご参考までに。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    114
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2794
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    314
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

整形外科 についての関連する質問