JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14369
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。はじめまして。 相談させてください。母(50代)が肩の内視鏡での 手術を全身麻酔で行いました。 術

質問者の質問

こんにちは。はじめまして。
相談させてください。母(50代)が肩の内視鏡での
手術を全身麻酔で行いました。
術後2週間になりますが、ここ数日物忘れ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

 

 

ご質問、「試行済み:」ともに途中で途切れてしまっていることもあり、ここまでの情報からは確定的なことを申し上げられませんが、経過からは脳血管性の認知症症状を起こしている可能性が高いと考えます(血栓の可能性については術前の説明同意書に記載があるはずです)。

 

手術操作によって小さな血の塊(血栓)が脳に飛び、それがたまたま記憶を司る部位に詰まったということになりますが、これを確認するためには神経内科(心療内科ではありませんのご注意ください)を受診され、高次脳機能検査を行った上で脳のMRI検査を受ける必要がございます。

 

整形外科では行えない検査ですし、とぼけられる可能性もあります。

症状は明らかに脳の障害によるものですから、まずはセカンドオピニオンとして脳の専門家の評価を受けられるべきでしょう。

また、血栓による脳障害ならば、血栓溶解療法を行うことで改善も期待できますから、早い時期に検査を受けられ、診断を付けてもらう必要があります。血栓だった場合、治療開始が早ければ早いほど高いレベルでの回復が期待できます。

 

手術との因果関係の議論は、まずお母様の認知症様症状の原因が解明されてからにすべきでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます。
途中で途切れていてすいません
家にいるときも寝たきりではなく、家事をしたりしていますし
リハビリにもいっています。

水曜日に整形外科にみせに行くのですが
総合病院ですので、その執刀医にこの症状を話して
神経外科を紹介していただくべきでしょうか?
普通に何時間も並んでってなったら嫌がりますし…

またセカンドオピニオン?ってなると、資料を持っていっての話し合いですよね?
こうなってからは脳のMRIをとってないです
術マエもとっていないと思います。なのでその資料をもっていって話しても
仕方ないですよね?それとも向こうでとってもらえるのでしょうか?
一回30000以上かかるとでました…それはどうにも避けたいので
セカンドオピニオン以外でないでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

頭部単純MRIの保険点数は1140点(=11400円)なので、3割負担の場合で支払いは3420円です。

考えなければならないことが2つあることはご留意ください。

第一に考えるべきは、お母様の今の認知症様の状態を改善することでしょう。
そのためには原因究明のための検査が必須ですし、頭部MRIは必要不可欠なものの1つです。
こうした検査や、認知症を専門的に診断・治療できる神経内科(外科ではありません)を受診することなく、この問題が解決する可能性は低いということはご留意ください。
術前・術後の比較も大切ですが、現在のお母様の状態評価を行うことがまず重要です。

整形外科の責任追及は、第二の 問題としてその次に考えるべき問題ではないでしょうか。

私はお母様の現状を改善することを主眼において助言したつもりです。
整形外科で認知症様症状が扱えるとは思われませんから、他科受診は必要でしょうし、それはセカンドオピニオンということになるでしょう。
そのためには、(院内外を問わず)認知症を扱う科に、執刀医から紹介状を書いてもらえるのがベターです。

MRIを撮るために待ち時間を費やすのは嫌だ、他科受診や検査でお金がかかるのも困る、ということであれば、このまま成り行きに任せるのも1つの方法ではあります。血栓が自然に溶けて症状が改善する可能性も0ではありません。

まずは相談者様やお母様にとっての優先順位を決められることが必要かと愚考致します。
質問者: 返答済み 5 年 前.
すいません。つまり、整形外科の診察の時にこういう症状があるからMRIとってほしいといえば3割負担でとれますよね?整形外科への責任問題は特に考えていません。手術にはそういうメリットがるってわかってうけるっていう同意書書かされたと思いますし。ただ手術後の経過を見るのは保険適用外なの かと思うとショックで…
私は親不知を抜いたとき、まず地元の歯医者に行き、口腔外科の病院を紹介され、抜いてもらい、神経に傷がいったみたいで、唇がマヒして、術後の診察で申し出たところ薬で1年2年と飲み続けて直すしかないといわれました。が、納得いかなかったので、最初に行った町医者に自分で(ここのサイトで神経ブロックというほうほうがあるとききまして、おこなっている病院を探し)紹介状をかいてもらい別の病院の神経科?みたいなところにいき、治していただきました。すべて3割負担でした。このようにはいかないのでしょうか?もう病院の仕組みみたいになっていますがすいません。母を直したい気持ちはありますし、母は大の病院嫌いなので嫌われるの覚悟でやるしかないとわかっています。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
なぜ自由診療になってしまうと思われているのか判じかねますが、たとえ紹介状なしでどこかの神経内科で飛びこみで診察を受けても保険診療になりますよ。

もちろん「手術後の経過を見るのは保険適用外」になることはありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
>>なぜ自由診療になってしまうと思われているのか判じかねますが、
こちらですが

>>他科受診は必要でしょうし、 それはセカンドオピニオンということになるでしょう。
↑と、返答いただいたので保険適用外になると思いました。
セカンドオピニオンは保険適用外だと調べた時に出たからです。

私は整形外科の診療について行く機会が今週あるのでそのときに主治医(執刀医)に
私から症状のことを話したいと思っていて、何もする必要がないといわれた場合に
こちらで教えていただいた、MRIをとっていただきたいとお願いするつもりです。

そこでもうひとつ疑問が出てきました。

>>それはセカンドオピニオンということになるでしょう。

↑こちらです。

自分の時は【セカンドオピニオン】という制度を用いたこともなく
他の科にかかることができました。
しかしそれは歯科でのことで、なにか違う制度が病院にはあるんでしょうか?と
思ったからです。(大学も歯科大学って別になってるイメージなので)

それで再度【質問】させていただいたのですが、

>>もちろん「手術後の経過を見るのは保険適用外」になることはありません。

つまり、整形外科についていって先生に問題を申し上げて
神経内科への紹介状を書いていただいて、MRIをとっていただいても
それは保険適用でできますよね?っていうことです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
>>なぜ自由診療になってしまうと思われているのか判じかねますが、
こちらですが

>>他科受診は必要でしょうし、それはセカンドオピニオンということになるでしょう。
↑と、返答いただいたので保険適用外になると思いました。
セカンドオピニオンは保険適用外だと調べた時に出たからです。

私は整形外科の診療について行く機会が今週あるのでそのときに主治医(執刀医)に
私から症状の ことを話したいと思っていて、何もする必要がないといわれた場合に
こちらで教えていただいた、MRIをとっていただきたいとお願いするつもりです。

そこでもうひとつ疑問が出てきました。

>>それはセカンドオピニオンということになるでしょう。

↑こちらです。

自分の時は【セカンドオピニオン】という制度を用いたこともなく
他の科にかかることができました。
しかしそれは歯科でのことで、なにか違う制度が病院にはあるんでしょうか?と
思ったからです。(大学も歯科大学って別になってるイメージなので)

それで再度【質問】させていただいたのですが、

>>もちろん「手術後の経過を見るのは保険適用外」になることはありません。

つまり、整形外科についていって先生に問題を申し上げて
神経内科への紹介状を書いていただいて、MRIをとっていただいても
それは保険適用でできますよね?っていうことです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
たしかに慶応大学病院のセカンドオピニオン外来などは保険外で診療していますね。

ただ、そういう経営努力で敢えて特別な外来を備えているところは別にして、普通の総合病院で、合併症が起こって他科を受診する広い意味でのセカンドオピニオンは保険診療ですよ。
相談者様が受けられた神経ブロックと同じです。

もしもご心配ならば病院の事務に問い合わせをされてみるとよろしいかと存じます。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
わかりました。ありがとうございました。
セカンドオピニオン と 他の科にかかることもいうと知らず
検索していました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
いえいえ。
インターネットって、便利だけれども、時に不便ですよね。

お母様の1日も早い回復を祈念しております。

整形外科 についての関連する質問