JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

左手のてのひら半分から指先(小指以外4本)までの強い痺れ。 左手の親指に力が入らない。指先は動くし、痛みはないので

質問者の質問

左手のてのひら半分から指先(小指以外4本)までの強い痺れ。
左手の親指に力が入らない。指先は動くし、痛みはないのですが、物を挟んで持ち上げたり、チューブを絞ろうとしたら親指の付け根の関節のところでグニャっと人差し指側に曲がって力が入らない。
観ていただけるお医者さんを教えてください。楽器を演奏するのでとても困っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

お力になりますよ。
大変お困りですね。

お年はおいくつでしょう。
何か既往はありますか。
服用されているお薬は?

どれくらいの間この症状が出ていますか。
何の楽器を演奏されていますか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
55歳です。既往症はありません。痺れは、3,4年前から指先だけがしびれていましたが、慣れてあまり意識していませんでした。
今の強い痺れは昨年の夏ごろから、だんだん指先から広がってきて秋には指の付け根まで、そして12月ごろには手のひらまで広がりました。左手だけです。
親指の症状は昨年11月末急にです。思い当たる事故のようなことはありません。
楽器は箏の演奏です。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.

手根管症候群の可能性がありますね。

次のサイトでご確認いただけますか。
おそらく長年お箏を弾いてこられたのにも関係すると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E6%A0%B9%E7%AE%A1%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec05/ch071/ch071d.html

整形外科をぜひ受診され、診断をつけられた後、適切な治療をぜひ一日も早く受けられて楽になられてくださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
親指に関する回答がない。
手の専門家でない。
今の回答なら、わかっていた。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
手根管症候群で、症状が進むと親指の付け根の筋肉が萎縮したりします。
今の症状はそのためでしょう。
このサイトには手の専門家は登録されていませんが、私は整形外科の患者をよく診察していますよ。

親指のそのような症状が出ている場合は手術適用になることが多いです。
早く診てもらった方がいいですよ。

他に何かご質問はありますか。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
手の専門の整形外科に診てもらいたいのなら、こういうサイトがあります。
しかし、この症状ならおそらく一般の整形外科でも診断はつくはずですが、お近くに専門医がおられるのならそれに越したことはないですよね。

http://hand.raindrop.jp/hospital.html親指の件ですが、長く患うと筋肉が萎縮するだけでなく筋力が落ちます。ですから、最初にどの位の間症状が出ていますかとお聞きしました。

整形外科 についての関連する質問