JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14189
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

当方、今月の初頭より仕事の関係でフィリピンに滞在しております。 当地で膝蓋骨脱臼を起こしましたが、本当にそれだけな

解決済みの質問:

当方、今月の初頭より仕事の関係でフィリピンに滞在しております。
当地で膝蓋骨脱臼を起こしましたが、本当にそれだけなのか不安に思い質問いたします。

昨年後半、まだ日本に滞在していた時、右膝に徐々に痛みを感じるようになり、11月末頃に整形外科に行ったところ、半月板損傷と診断され、しかし重いものではないとのことで保存療法が取られました。モーラステープや内服薬での消炎鎮痛、また低周波や赤外線での治療です。
もともとフィリピンへの赴任は決まっていた話でしたので、先生に相談したところ、12月下旬の時点で、大分治療の効果は出てきており、フィリピンに二ヶ月分のモーラステープと痛み止めの内服薬を持っていく、という事で向こうで様子を見ていくという話で落ち着きました。
足をかばって歩いていた期間があり、また一時期サポーターをつけたりもしておりましたので、右足の筋肉が大分衰えてしまっていることは自分でも感じており、市販本で学ん だエクササイズを行ったりしていましたが、まだ完全ではなく、足に負担のかかる長距離の歩行などは厳しいという状況でした。

1月初頭にフィリピンに赴任。
1/9、出先でふとした拍子で右膝に激痛が走り、まったく動けなくなり緊急搬送されました。X線を取り、当地の医者に見せたところ、膝蓋骨脱臼との診断。確かにX線では膝蓋骨が外側に移動していました。ただし痛み止めを打ってしばらく固定していたら元の位置に戻っていました。
半月板の件を話したら、それで右足の筋肉が弱くなっていたために簡単に脱臼が起きてしまったのだと言われました。
松葉杖の使用でその日のうちに帰っても大丈夫と医者には言われましたが、それにしては痛みがまだ強すぎるのと、自宅でのサポートの体制も不十分なので、1/15まで入院しました。その間にMRIも取りました。MRIの結果は、やはり半月板に損傷はあったものの日本での診断通りひどいものではなく、その他は特に異常はありませんでした。

1/15に退院したのですが、その後の治りが遅いことが気にかかります。
1/21に再度医師の診察を受けた際、まだ松葉杖で歩いていることを怒られました。普通なら杖なしで歩けるとのこと。確かに自宅でのリハビリ訓練が不十分だったかもしれないという自覚はありますが、正直なところ、まだ右膝に荷重をかけても力が入らず抜けるような感じで、痛みも走り、松葉杖なしではとても歩けないという感じです。(昨日から、松葉杖を一本にして歩く訓練を始めましたが)
また、膝の可動範囲が狭まってしまっている事は納得行くのですが、太ももの大腿四頭筋が、まるで機能を停止してしまったかのように、あの日以来極端に弱まっているのも気にかかります。上記のように弱くなっていたとは言え、受傷前は、歩く時に自然に右足を前に持っていく、や、椅子に座っていて膝を約90度に曲げている最も負担のない状態で、脚全体をちょっと上に上げるなどの事は自然に出来ていました。そういったことがまるで出来なくなってしまいました。松葉杖で歩き出そうとした時、右足が全然前に踏み出せないことに驚きました(リハビリで大分前には出るようにはなって来ましたが。)また、ベッドに横になる際、50cmほどの高さのベッド、左足はベッドの上に普通に持ち上げて乗せられますが、右足は筋肉がまるで働かず、両手で抱えたり、他者の助けなどでようやく持ち上げて乗せる状況で、これには医者も首をかしげていました。

また、夜寝る際に、足を真っ直ぐにすると疼痛があります。膝の下に枕を入れたりして楽になるようにしてみましたが、その位では落ち着きません。膝を立てて寝ればきっと楽になるだろうと感じるのですが、大腿四頭筋が動かないので膝を立てるという動作も出来ず、大して眠れない日が続いています。どうしようも無いときは、ベッドから体を下方向にずらし足を外に投げ出して曲げることで落ち着き、なんとか寝ています。

以上の状況を踏まえて、お聞きしたいのは、現状は、本当に膝蓋骨脱臼だけで起こりうる事なのか。なにか同時に他の問題も抱えている可能性はないのかという事です。
現在、週に三回程度、医者で低周波と超音波による治療、また可動範囲を広げるためにリハビリも受けていますが、どうも進捗が芳しくありません。もともと硬い体だったというのもあるのではと思うのですが、しかし本当にこれだけで治っていくものなのかというのが非常に不安に感じている所です。
現状に関する説明や、対処方法のアドバイスなど頂ければと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

すこし補足情報を下さい。

■差し支えなければ、相談者様の年齢と性別を教えていただけませんか?

■持病や、常用されているお薬があれば教えて下さい。

■右足に、感覚の異常(ぴりぴり痺れる、感覚が鈍い)はありませんか?

■腰痛はおもちではないですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
32歳、男です。
持病はアレルギー性鼻炎程度で、常用している薬はありません。

膝の痛みおよび既に書いた事項以外で、感覚の異常はありません。また腰痛もありません。

宜しくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
恐れ入ります。日本時間で本日午後以降の回答とさせて下さい。
お理解を賜れますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
了解しました。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

大変お待たせしました。

 

まず、現在の相談者様の状態ですが、「右膝に荷重をかけても力が入らず抜けるような感じ」は「膝折れ」といって、大腿四頭筋の筋力低下や麻痺で特徴的に起こる症状です。

 

ただ、「松葉杖で歩き出そうとした時、右足が全然前に踏み出せない」、「50cmほどの高さのベッドに、右足はを両手で抱えたり、他者の助けなどでようやく持ち上げて乗せる状況」、「膝を立てるという動作も出来ない」はすべて股関節の屈曲動作(いわゆるモモ上げの動きです)であって、大腿四頭筋もこの動きに動員される筋肉ではありますが、主働筋は大腰筋や腸骨筋であって、大腿四頭筋の筋力低下のみで股関節の屈曲ができなくなることはありません。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20101021/216761/zu01.jpg

「医者も首をかしげて」いたのはこのためでしょう。

 

膝蓋骨は大腿四頭筋が膝を伸張する時の梃子の視点となる骨です。逆に、膝蓋骨の固定には大腿四頭筋筋力が大きな役割を果たしています。

従って、半月板損傷による寡動⇒大腿四頭筋萎縮(大腿四頭筋は萎縮しやすい筋肉です)⇒膝蓋骨脱臼、という経過はありえなくはありません。

 

ただし、膝蓋骨脱臼に伴って膝蓋骨を固定する腱が断裂した場合、膝に力が入らない、膝関節が伸びないという症状が現れることはありますが(http://health.goo.ne.jp/medical/search/10950300.html)、その場合であっても、股関節の屈曲に大きく影響が及ぶものではありません。

 

ここまでの情報からは原因までは特定できませんが、相談者様の場合は、主な問題は股関節側にある可能性が大です。

膝については、半月板損傷、膝蓋骨脱臼と続いて起こっていますからリハビリテーションは続けるべきですが、股関節の屈曲障害はそれだけでは改善は見込めないと思われます。

 

股関節に注目した検査が行われるべきであろうと愚考致します。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
丁寧な説明ありがとうございました。
早速、大腰筋や腸骨筋については自分でも調べて、まさにそこに原因があるだろうと思うようになりました。
しかし解せないのは、膝蓋骨脱臼、これは実際に発生したわけですが、それと同時に大腰筋や腸骨筋(股関節)に影響を受けるという事態は起こりうるのでしょうか。
具体的には、当地でバス(ノンステップなどではなく古いステップの大きいもの)に乗り込もうとした際に膝蓋骨脱臼は発生しました。その後二日間ぐらいは、確かに膝だけでなく足の付根に近い筋肉もかなり痛く、自分としては、脱臼の痛さで筋肉が緊張しすぎて筋肉痛になったのだろうとその時は認識しておりました。しかし痛みが引いた後も、書いたように機能が戻らずに今に至っているという状態です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。


最初のご質問文で痛い箇所のご記載がなかったので考えあぐねていたのですが、もしかしてエピソードの起こった順番が違うのかもしれないと考えていました。

 

通常、膝蓋骨脱臼はジャンプの着地などで、大腿四頭筋が強く収縮したときに起こります。
段差があるバスに乗り込む動作でそのような状態になるのかどうかという疑問もあります。

 

大腰筋、腸骨筋、大腿四頭筋は、実はほとんど同じ神経の支配で動いています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%85%B0%E7%AD%8B

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%B8%E9%AA%A8%E7%AD%8B

http://www.musculature.biz/40/44/post_177/

 

腰椎の2~4番から出る神経がこれらの筋肉の運動と感覚を司っていたますが、この腰椎~筋肉までのいずれかの箇所に何か病変があり、複数の筋肉の麻痺が起きている可能性が高いのではないか、というのが私の仮説です(膝蓋骨脱臼はその結果であって原因ではない)。

MRI検査は膝について行われたと理解していますが、腰椎について、そこに異常が見つからなければ次に段々下流に向かって捜索範囲を広げるように検査が進められるべきではないかと考えます。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14189
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    112
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2792
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    309
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

整形外科 についての関連する質問